酒蔵美術館

酒蔵美術館は、約100年前に建築された酒蔵の一部を改良し、アート・ギャラリー「ギャラリー玉村本店」として、日本画を中心とした玉村本店代々のコレクションを展示している。1996年に開館。

1805年創業の歴史をもつ地酒縁喜と志賀高原ビールの蔵元で、約100年前の酒蔵を再生した展示場には、伊藤深水福田平八郎山口華楊上村松篁など、酒が縁で当地を訪れた作家の作品が展示されている。

この地は、戦前から風光明媚なこともあり横山大観等が画室を構えたり、白州次郎・正子といった人々が保養に訪れたりした場所。無料の試飲コーナーや酒蔵見学コーナーがあり、味覚の楽しさも味わえる。

コレクションには、菊池契月の出世作「近藤重蔵」の六曲一双の大屏風や、伊東深水の信州のスケッチ、富田渓仙の「寿老人図」、土田麦僊の「群鶏」、岡部光邦の「赤不動」などがある。

名称
酒蔵美術館(さかぐらびじゅつかん)
開館時間
9:00~18:00
休館日

年中無休

TEL
0269-33-2155
FAX
0269-33-3135
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

無料

所在地
〒381-0401
長野県下高井郡山ノ内町平穏1163

アクセス

電車・バス
長野電鉄で長野駅から終点[湯田中駅]まで特急で約40分。湯田中駅下車。
長野電鉄バス【上林温泉行き】に乗り約10分(200円)「沓野」停留所下車し、そこから徒歩2分。

タクシー
湯田中駅より約5分(約1.000円)


上信越自動車道「信州中野IC」からは、オリンピック道路経由「沓野・渋温泉IC」下車で約20分。

酒蔵美術館 展示品

菊池契月「近藤重蔵」六曲一双大屏風
富田渓仙「寿老人図」
土田麦僊「群鶏」
岡部光邦「赤不動」

展示画家(酒蔵美術館)