おぶせミュージアム・中島千波館

おぶせミュージアム・中島千波館は小布施出身の日本画家中島千波など地域ゆかりの作家の作品、小布施祭り屋台などを展示するミュージアム。平成4年(1992年)に開館。

館内は、現代日本画家中島千波の作品を紹介する「中島千波館」、そして小布施の伝統文化財である祭り屋台を収納展示する「屋台蔵」があり、そのほか年間を通じて様々な展覧会を開催する「企画展示室」がある。

中島千波は、1945年に日本画家中島清之の三男として小布施で生まれた。桜や牡丹などに代表されるみずみずしく華やかな花の作品、ライフワークとする人物画の大作、そして装丁画や挿絵など幅広い活動で知られる。

美術館の開館にあたり小布施町は、中島千波より約1000点の作品寄贈を受け、これらの作品を中島千波館で展示している。

企画展示室では、地域ゆかりの作家や作品の展示をはじめ、 近・現代美術を中心とした様々な展覧会を開催。屋台蔵には祭り屋台5台が収蔵されている。

名称
おぶせミュージアム・中島千波館(おぶせみゅーじあむ なかじまちなみかん)
開館時間
9:00~17:00(4~9月は~18:00)
休館日

無休
※展示替え期間休

TEL
026-247-6111
FAX
026-247-6112
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 500円
高校生 250円
中学生以下 無料

特別展は別料金

所在地
〒381-0201
長野県上高井郡小布施町小布施595

アクセス


上信越自動車道小布施スマートICから5分
上信越自動車道:信州中野ICから10分
駐車場 無料駐車場あり

電車
JR長野駅下車 長野電鉄線に乗りかえ、小布施駅下車 徒歩12分

おぶせミュージアム・中島千波館 展示品

小布施出身の日本画家、中島千波の作品を主に展示している。

展示画家(おぶせミュージアム・中島千波館)