長野県信濃美術館・東山魁夷館

長野県信濃美術館・東山魁夷館は長野県長野市、善光寺に隣接する城山公園内にある美術館。1966年に開館した本館(長野県信濃美術館)と1990年に開館した東山魁夷館からなる。

本館では菱田春草荻原碌山池田満寿夫松井康成などの郷土作家や信州の風景画の収集・展示と数多くの企画展などを行っている。

東山魁夷館では、信州の風景に魅せられた日本画家・東山魁夷の作品を約960点収蔵、年に6回テーマを変えて、日本やヨーロッパの自然風土を描いた作品を展示している。建築設計は谷口吉生

東山 魁夷

東山 魁夷(ひがしやま かいい、1908年 - 1999年)は、日本の画家。文化勲章受章者。千葉県市川市名誉市民。1947年の第3回日展で「残照」が特選を得たことが転機となり、以降、風景を題材に独自の表現を追求した。

1970年代には約10年の歳月をかけて制作した奈良・唐招提寺御影堂障壁画「黄山暁雲」は畢生の大作となった。これにより国内での知名度と人気が高まり、国民的日本画家とも称されるようになった。

画集のみならず文章家でもあり画文集など、著作は数多い。川端康成とも親交が深かった。

名称
長野県信濃美術館・東山魁夷館(ながのけんしなのびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

水曜日(祝日休日は開館)
年末年始(12月29日-1月1日)、展示替え期間

TEL
026-232-0052
FAX
026-232-0050
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

企画展
展覧会ごとに異なります。

東山魁夷館常設展
一般 500円(400円)
大学生 300円(200円)
高校生以下 無料
※信濃美術館の収蔵品展 開催期間中は、あわせてご覧いただけます。
※( )内は20名以上の団体割引料金です。

所在地
〒380-0801
長野県長野市箱清水1-4-4 城山公園内

アクセス

  • 上信越自動車道「長野I.C」または「須坂長野東I.C」から、長野市街及び善光寺を目標に、約30分(善光寺東隣)
  • JR「長野駅」前バス乗り場・(1)番から、川中島バス11、16、17番バス。「善光寺北」下車。バス進行方向の城山公園奥。

長野県信濃美術館・東山魁夷館 展示品

  • 林倭衛 《出獄の日のO氏》
  • 丸山晩霞 《初夏の志賀高原》
  • 松井康成 《山かげの灯》
  • 東山魁夷 《緑響く》
  • 東山魁夷 《白馬の森》
  • 東山魁夷 《夕静寂》
  • 東山魁夷 《夕星》

展示画家(長野県信濃美術館・東山魁夷館)