松本市美術館

松本市美術館は長野県松本市中央にある美術館。開館は2002年4月。

草間彌生上條信山田村一男など信州ゆかりの作家を中心とする展示を行っている。玄関横には草間彌生の作品「幻の華」が野外展示されている。

松本市美術館
名称
松本市美術館(まつもとしびじゅつかん)
開館時間
9:30−17:00
休館日

月曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)

TEL
0263-39-7400
FAX
0263-39-3400
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展示
一般 400円(300円)
高校生・大学生 200円(100円)
※()内は20名以上の団体料金

企画展
展覧会によって異なります

所在地
〒390-0811
長野県松本市中央4-2-22

アクセス

松本駅から徒歩約12分、または100円バス乗車、「松本市美術館」下車
松本駅からタクシーで5分
松本ICから車で15分

松本市美術館 展示品

草間彌生「幻の華」

草間彌生「幻の華」

  • 草間彌生 《かぼちゃ》
  • 草間彌生 《沼にまよいて》
  • 草間彌生 《Infinity Mirrored Room―信濃の灯》
  • 田村一男 《寒椿》
  • 田村一男 《冬日》
  • 宮坂勝 《二人裸婦》
  • 上條信山 《堅勁》
  • 正岡子規 《「藤娘」図》
  • 西郷孤月 《夜桜之図》
  • 小林邦 《百日草》
  • 石井柏亭 《松本城》
  • 田村一男 《冬声》
  • 横地康國 《異邦人と女》
  • 奥村光正 《ジャングル罠への迷路》
  • 宮坂勝 《上高地錦秋》
  • 滝川太郎 《自画像》

展示画家(松本市美術館)