小海町高原美術館

小海町高原美術館は八ヶ岳の麓、長野県小海町松原湖高原に建つ、安藤忠雄設計の美術館。鉄筋コンクリートのの素材を活かしたモダンなつくりが目を引く建物は、周囲の大自然と調和し、洗練された空間になっている。1997年に開館。

小海町在住で元国画会会員の画家、栗林今朝男の作品や、人間国宝で陶芸家の島岡達三の作品を中心に所蔵。また郷土作家、現代美術、建築、デザイン等を扱った、特色ある企画展を開催している。

小海町出身の日本のアニメーション作家・映画監督である新海誠も企画展に出品している。

小海町高原美術館
名称
小海町高原美術館(こうみちょうこげんびじゅつかん)
開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日

火曜日(祝日の場合、翌日)
祝日の翌日
年末年始
展示替え期間

TEL
0267-93-2133
FAX
0267-91-3011
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般(高校生以上)500円
小中学生 150円(100円)

所在地
〒384-1103
長野県南佐久郡小海町豊里5918-2

アクセス

JRをご利用の場合
長野新幹線「佐久平駅」または、中央本線「小淵沢駅」より、小海線にて「小海駅」下車。 駅前からは、町営路線バスまたはタクシーにて「美術館前」下車(約8km、平常時約20分)

駐車場 100台(無料)

小海町高原美術館 展示品

地元出身の画家、栗林今朝男と陶芸家、島岡達三を中心に、地元ゆかりの芸術家を展示している。

展示画家(小海町高原美術館)