伊東近代美術館

伊東近代美術館は、伊東酒造の創業者伊東充の収集した約330点の日本画と彫刻を展示する美術館。昭和47年、郷里諏訪湖の畔に開館。

昭和61年に富士見高原に移転。平成20年に諏訪市に移転、伊東酒造の自社蔵の隣にあった大正時代の古民家やみそ蔵、店舗を改修して美術館にした。低い天井や急な階段など昔の造りをそのまま生かし、和の香りが漂う。

コレクションの日本画は、伊東深水をはじめ、横山大観川合玉堂山口蓬春奥村土牛上村松篁小倉遊亀奥田元来大山忠作など第一線で活躍した画家の200点。

彫刻では、平櫛田中の20年にわたって完成された畢生の大作「鏡獅子」(国立劇場ロビーに展示・国立美術館所蔵)の試作品彩色木彫像など多数の作品を収蔵している。常設展のほか、年4回特別展を開催する。

名称
伊東近代美術館(いとうきんだいびじゅつかん)
開館時間
10:00~16:00
休館日

火曜(祝日にあたる場合は翌日)

TEL
0266-52-0164
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

800円

所在地
〒392-0004
長野県諏訪市諏訪2-4-5

アクセス


中央道 諏訪ICより15分
駐車場 8台

電車
JR中央線 上諏訪駅より徒歩10分

伊東近代美術館 展示品

伊東酒造の創業者である伊東充氏と親交のあった日本画家・伊東深水や彫刻家・平櫛田中をはじめ、横山大観、河合玉堂、山口蓬春、奥村土牛、上村松篁などの作品を展示している。

展示画家(伊東近代美術館)