池田満寿夫美術館

池田満寿夫美術館は長野県長野市にある池田満寿夫の作品を展示している美術館。1997年4月に開館.

版画・油絵・陶芸・小説など多彩なジャンルで活躍した、長野市出身のアーティスト・池田満寿夫の作品を展示。代表的な作品だけでなく、知られざる初期の作品も収蔵し、常設展・企画展で公開している。

美術館のラウンジには西陣織の打掛けによる超大作レリーフ・コラージュ《天女乱舞》が常設展示されている。

池田 満寿夫

池田 満寿夫(いけだ ますお、1934年 - 1997年)は、画家・版画家・彫刻家・陶芸家・作家・映画監督などの従来の芸術の枠にとどまらず多彩に活躍した芸術家。官能的な作風が多く、いずれの分野の作品も現在でも高い評価を得ている。

1965年にニューヨーク近代美術館で日本人として初の個展を開き、1966年には、版画家としては最高権威のヴェネツイア・ビエンナーレ展国際版画大賞を受賞と国際的に活躍した。

後に、水彩画や文学方向にも関心が傾き、1977年には『エーゲ海に捧ぐ』で芥川賞を受賞。その後、彫刻・陶芸などに取り組んだ。

名称
池田満寿夫美術館(いけだますおびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00(12月−3月 9:30−16:30)
※入館は閉館の30分前迄
休館日

木曜日 (祝日開館) ※8月は無休
年末年始(12月29日-1月1日)、展示替期間(6月末・11月末)

TEL
026-278-1722
FAX
026-278-1722
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 700円(630円)
高大生 500円(450円)
小中生 350円(315円)
※( )内は20名以上の団体料金

所在地
〒381-1231
長野県長野市松代町殿町城跡10

アクセス

  • JR「長野」駅よりアルピコバス松代線乗車30分、「松代駅前」下車、徒歩3分
  • しなの鉄道「屋代」駅から長野電鉄屋代線に乗換え、「松代」駅下車、徒歩3分
  • 上信越自動車道「長野I.C.」より車で5分

池田満寿夫美術館 展示品

  • 池田満寿夫 《土の迷宮》陶彫
  • 池田満寿夫 《美貌の青空》陶彫
  • 池田満寿夫 《天女乱舞》レリーフ・コラージュ
  • 池田満寿夫 《池田豆本》版画
  • 池田満寿夫 《女・動物たち》

展示画家(池田満寿夫美術館)