深沢紅子野の花美術館(軽井沢タリアセン)

深沢紅子野の花美術館は長野県軽井沢町の軽井沢タリアセンにある美術館。1996年7月に開館した。(同名の「深沢紅子野の花美術館」が岩手県盛岡市にもある。)

一水会で活躍した岩手県盛岡市出身の洋画家深沢紅子(1903年-1993年)が、1964年から20年以上にわたり、夫の深沢省三とともに、夏を旧軽井沢の堀辰雄山荘で過ごして野の草花を描いたという所縁から、当地に個人美術館が設立された。

塩沢湖畔に移築された明治44年建築の西洋館「旧・軽井沢郵便局舎」の2階を館施設として使用する。この建物全体が国の登録有形文化財に登録されている。1階には欧風田舎料理のレストラン「ソネット」がある。

館内では野の花を題材にした水彩を中心に、油絵、リトグラフなど絵画・版画作品のほか、挿絵や装幀をした書物、深沢紅子のコレクションを展示している。また、深沢紅子のアトリエを再現している。

深沢紅子野の花美術館
名称
深沢紅子野の花美術館(軽井沢タリアセン)(ふかざわこうこののはなびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00
休館日

12月・1月 火・水・木曜日(12月23,24,25日は営業)
年末年始(12月26日-1月1日)
2月

TEL
0267-45-3662
FAX
0267-45-6466
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人〔高校生以上〕700円
小中生 400円

所在地
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217

アクセス

  • JR新幹線「軽井沢」駅よりタクシーで10分
    ※夏季は「軽井沢」駅・「中軽井沢」駅より路線バスが運行、「塩沢湖」停留所下車
  • しなの鉄道「中軽井沢」駅よりタクシーで5分
  • 上信越道「碓氷・軽井沢I.C.」より車で15分

深沢紅子野の花美術館(軽井沢タリアセン) 展示品

深沢紅子の作品を展示。野の花を題材にした水彩を中心に、油絵、リトグラフなど絵画・版画作品のほか、挿絵や装幀をした書物、深沢紅子のコレクションをアトリエを再現して展示している。

展示画家(深沢紅子野の花美術館(軽井沢タリアセン))