白馬三枝美術館

白馬三枝美術館は、「白馬に魅せられた画家たちのあかし」をテーマに白馬の四季や北アルプスを描いた絵画100点余りを展示している美術館。日本を代表する画家70名がそれぞれにとらえた白馬、安曇野の油絵、水彩画を一堂に展示している。

収蔵作品は、田村一男田中春弥足立真一郎足立源一郎山下大五郎をはじめとする山岳絵画、風景絵画のほか、池田満寿夫山下清草間弥生の作品も展示している。

冬山の険しさ厳しい寒さを感じる作品、初夏の高原の清清しい風や太陽の暖かさに包まれている作品、100号を超える大作の数々を見られる。

700坪の庭には白馬の山野草など春から秋まで300種以上の花々が心を和ませてくれる。

名称
白馬三枝美術館(はくばさえぐさびじゅつかん)
開館時間
午前8時30分から午後6時
冬期間 午前9時30分から午後5時
休館日

無休
※展示替えの為、休館させて頂くことがあります

TEL
0261-72-4685
FAX
0261-72-4658
入場料

大人 700円
小人 400円

所在地
〒399-9301
長野県北安曇郡白馬村大字北城2935(みそら野小鳥の森入口)

アクセス

JR大糸線白馬駅からタクシーで5分
駐車場あり(無料)

白馬三枝美術館 展示品

「白馬に魅せられた画家たちのあかし」をテーマに画家70名の油絵、水彩画を展示している。

展示画家(白馬三枝美術館)