袋屋清左衛門邸 袋屋美術館

信州中野が幕府の天領だった江戸時代、みそ、しょうゆの醸造を営む商家として発展した袋屋を、俳人「小林一茶」は1827年に65歳で亡くなるまで何度も訪れた。この小林一茶ゆかりの商家を「袋屋清左衛門邸 袋屋美術館」を一般公開している。1996年に開館。

小林一茶直筆の掛け軸3本と俳句を書いた短冊、書簡をはじめ、一茶が使用したとされるすずりや灰皿などが、江戸中期の古い家屋に展示されている。また小林一茶ゆかりの品以外にも、袋屋の歴代の当主が集めた書画、陶芸などのコレクションがある。

一番の見どころは楳装園と名付けられた、小林一茶の愛した庭園。一茶の座禅石がある。

名称
袋屋清左衛門邸 袋屋美術館(ふくろやせいざえもんていふくろやびじゅつかん)
開館時間
午前10時~午後5時(4時30分までに入館)
休館日

毎週月曜日(祭日の翌日は休館)

TEL
0269-22-2021
FAX
0269-22-2207
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 400円
学生 300円
小学生以下 無料(父兄同伴)

所在地
〒383-0022
長野県中野市中央1-9-16

アクセス

信州中野ICから車で
長野電鉄長野線信州中野駅から徒歩で

袋屋清左衛門邸 袋屋美術館 展示品

俳人「小林一茶」直筆の掛け軸と俳句を書いた短冊、書簡、袋屋の歴代の当主が集めた書画、陶芸などのコレクションを展示している。また小林一茶の愛した庭園「楳装園」がある。

展示画家(袋屋清左衛門邸 袋屋美術館)