杏の里板画館

杏の里板画館は、棟方志功、日本板画院の作家たちの作品と、信州の民芸や現代日本、世界の民芸を中心に展示している美術館。建物はあんずの里・森にある江戸~明治の漢方医の屋敷(切妻造民家)をそのまま利用している。1995年に開館。

棟方志功が自らの木版画を「板画(ばんが)」と呼んだことに由来する板画館には、棟方志功の作品を中心に、森漠郎の手作り板画、芹澤けい介の作品などが並ぶ。あんずまつりの時期と秋には企画展も開催される。

名称
杏の里板画館(あんずのさとばんがかん)
開館時間
10:00~17:00
休館日

月・火曜日(4月、特別展期間中は無休)

冬期休館 12~3月

TEL
026-272-4758
入場料

一般(高校生以上)300円
小・中学生 100円

所在地
〒387-0005
長野県千曲市森2154

アクセス

しなの鉄道屋代駅から車で10分
長野自動車道更埴ICから車で10分
駐車場 10台

杏の里板画館 展示品

棟方志功をはじめとする木版画、信州の焼物(松代焼、東馬焼、染谷焼他)、日本各地の焼物、韓国の焼物、世界の民芸品を展示している。

展示画家(杏の里板画館)