安曇野市豊科近代美術館

安曇野市豊科近代美術館は、長野県安曇野市豊科にある美術館。平成4年に豊科近代美術館として開館。平成17年、安曇野市 豊科近代美術館に名称変更。

日本近代彫刻の巨匠、高田博厚のほぼ全作品約190点を収蔵。そのうち約130点を常設展示していて、彫刻家の生涯を作品を通して興味深く鑑賞できる。

高村光太郎やロマン・ロランなど、交流のあった著名人の肖像も数多い。また、東京美術学校に学び、諏訪で教鞭を執り生徒から長く慕われた、森鴎外ゆかりの画家、宮芳平の生涯の絵画作品を収蔵し、アトリエと書斎を再現。

また小林邦のデッサンや、フランスで活躍した郷土出身の画家、奥村光正の作品を収蔵、展示している。

隣接する庭園には500種800本のバラが咲く。見頃は5月下旬頃。

名称
安曇野市豊科近代美術館(あづみのしとよしなきんだいびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日、祝祭日の翌日
年末年始(12/28−1/4)

TEL
0263-73-5638
FAX
0263-73-6320
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

【入館料】
一般 500円(400円)
大学生・高校生 300円(200円)
中学生・小学生 150円(100円)
※( )内は20名以上の団体料金
※特別企画展入場料はその都度設定

所在地
〒399-8205
長野県安曇野市豊科5609-3

アクセス

JRの場合

  • JR大糸線豊科駅下車、徒歩10分
  • JR篠ノ井線田沢駅下車、タクシー10分

お車の場合

  • 長野自動車道「豊科I.C」より5分
    駐車場 正面無料駐車場をご利用下さい。

安曇野市豊科近代美術館 展示品

  • 高田博厚 《カテドラル》
  • 高田博厚 《ロマン・ロラン》
  • 高田博厚 《マハトマ・ガンジー》
  • 宮芳平 《自画像》
  • 宮芳平 《椿》
  • 宮芳平 《富士》

小林 邦・奥村光正・辻野弘之・井上直久・西田幾太郎・大島秀信・木村辰彦・イザベル=ルオー・曽宮一念・清水多嘉示・梅原龍三郎・石井柏亭・山下新太郎・飯沼一道 ほか

展示画家(安曇野市豊科近代美術館)