東京都現代美術館

東京都現代美術館は、東京都江東区三好四丁目にある、現代美術専門の公立美術館。東京都立木場公園の北辺に、1995年(平成7年)3月に開館した。

現代美術の紹介と国際的な視野での企画の実現を目指しており、東京都美術館が収集してきた現代美術コレクションを中心に、日本の戦後美術を概観できる日本国内でも優れたコレクションを持つ。

延床面積 33,515 m² という日本最大の美術館建築(分館を含めた場合日本2位)で、広いスペースを誇る常設展示室は1階と3階の計10室ある。

1階展示室では第二次世界大戦後 まもない頃の不安と混沌を反映した時代から、1970年代まで約30年間の美術の流れが一通りたどれるようになっている。

3階展示室では、現存作家の作品 を中心に、現代美術のさまざまな傾向を見ることができる。企画展示室には、巨大化する傾向のある現代美術作品が展示可能な、広大な吹き抜け空間が準備されている。

東京都現代美術館
名称
東京都現代美術館(とうきょうとげんだいびじゅつかん)
開館時間
10:00−18:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始、保守点検・展示替

TEL
03-5777-8600
FAX
135-0022
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展

一般 500円
学生 400円
高校生 250円
65歳以上の方 250円
中学生以下無料

企画展

展示内容により異なります。
※企画展のチケットで常設展もご覧いただけます。

所在地
〒135-0022
東京都江東区三好4-1-1 都立木場公園内

アクセス

お越しの際

  • 東京メトロ半蔵門線清澄白河駅B2出口より徒歩9分
  • 都営地下鉄大江戸線清澄白河駅A3出口より徒歩13分
  • 東京メトロ東西線木場駅3番出口より徒歩15分
    都営バス(業10)「業平橋駅前」行きで「東京都現代美術館前」下車
    都営バス(東20)「錦糸町駅前」行きで「東京都現代美術館前」下車
  • 都営地下鉄新宿線菊川駅A4出口より徒歩15分
    都営バス(業10)「新橋」行き、もしくは「業平橋駅前」行きで「東京都現代美術館前」下車
  • 東京駅・丸の内北口2番乗り場から都営バス(東20)「錦糸町駅前」行きで「東京都現代美術館前」下車

お帰りの際

  • 東京メトロ東西線木場駅まで
    「東京都現代美術館前」より都営バス(業10)「新橋」行き「木場駅前」下車
    「東京都現代美術館前」より都営バス(東20)「東京駅丸の内北口」行き「東京駅丸の内北口」下車
  • 都営地下鉄新宿線菊川駅まで
  • 東京駅まで
    「東京都現代美術館前」から都営バス(東20)「東京駅丸の内北口」行きで「東京駅丸の内北口」下車

東京都現代美術館 展示品

東京都現代美術館外観

建築は柳澤孝彦(TAK)の設計。

  • アンディ・ウォーホル 『マリリン・モンロー』
  • アンディ・ウォーホル 『6枚組の自画像』
  • ロイ・リキテンスタイン 『ヘア・リボンの少女』
  • ケネス・ノーランド 『ヴァージニア・サイト』
  • イヴ・クライン 『空気の建築ANT-102』
  • トム・ウェッセルマン 『浴槽コラージュ#2』
  • フランク・ステラ 『クォスランバ』
  • ダン・フレイヴィン 『無題』
  • ジム・ダイン 『晩冬のロマンス』
  • 浅井忠 『伝通院』
  • 浅井忠 『象の図』
  • 靉嘔 『田園』
  • 難波田龍起 『展開』
  • 瑛九 『カオス』
  • 森芳雄 『画家と家族』
  • 白髪一雄 『弐(天功星浪子)』
  • 元永定正 『作品』
  • 田中敦子 『作品(たが)』
  • 上田薫 『なま玉子 B』
  • 辰野登恵子 『UNTITLED90-14』
  • 高山辰雄 『行人』
  • 平松礼二 『路・冬日』
  • 池田満寿夫 『サイズはサイズ』
  • 横尾忠則 『切断された小指に捧げるバラード』
  • 高松次郎 『扉の影』
  • 多田美波 『周波数37306505』

展示画家(東京都現代美術館)