東京国立近代美術館フィルムセンター

東京国立近代美術館フィルムセンターは、1952年に設置された国立近代美術館の映画部門として開設され、1970年には機能を拡充する形でフィルムセンターとして開館しました。また、1995年には建物をリニューアルし現在に至っています。

日本で唯一の国立映画機関であり、国立近代美術館の映画部門(フィルム・ライブラリー)として開設された。1970年に旧本館を改装して、フィルムセンターとして発足する。

4万本以上の映画フィルムのほか、スチル写真・ポスター・脚本・書籍など多数の映画関連資料を所蔵している。

2階の大ホール(座席数310)と地下1階の小ホール(座席数151)にて様々なテーマの特集上映を企画しているほか、7階の展示室では映画資料の 展示、4階の図書室では映画関連文献の公開を行っている。

上映企画では、芸術的・映画史的に重要な作品や時事的・文化史的に貴重な作品など、多岐にわたる 映画が上映されている。

名称
東京国立近代美術館フィルムセンター(とうきょうこくりつきんだいびじゅつかんふぃるむせんたー)
開館時間

[火曜日−金曜日]
1回目:午後3時から/2回目:午後7時から

[土曜日・日曜日・祝日]
1回目:午後1時から/2回目:午後4時から

*上映企画・作品によっては、各日の上映回数・開映時間に変更があります。

休館日

月曜日
上映準備期間
年末年始(12月28日-1月4日)

TEL
03-3561-0823
FAX
03-3561-0830
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般:500円
高校・大学生、シニア:300円
小・中学生:100円

所在地
〒104-0031
東京都中央区京橋3-7-6

アクセス

  • 東京メトロ銀座線「京橋駅」下車、出口1から昭和通り方向へ徒歩1分
  • 都営地下鉄浅草線「宝町駅」下車、出口A4から中央通り方向へ徒歩1分
  • 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」下車、出口7より徒歩5分
  • JR「東京駅」下車、八重洲南口より徒歩10分

東京国立近代美術館フィルムセンター 展示品

日本映画と外国映画の、芸術的に優れた作品はもちろんのこと、歴史的・資料的に価値の高い映画フィルムを収集しています。また、映画関連資料についても網羅的な収集に努めています。

展示室[7階]

開室時間
午前11時-午後6時30分(入室は午後6時まで)

休室日
月曜日、展示替期間、年末年始(12月28日-1月4日)