そごう美術館

そごう美術館は、横浜の新しい都市づくりを目指す「みなとみらい21計画」の先駆的役割を担って、1985年に開店したそごう横浜店の6階にある美術館。横浜そごう(現そごう横浜店)と同時に開館した。

百貨店における博物館としては日本で初めて博物館法に基づく登録を行い、百貨店内ではかつてない規模の本格的な美術館として開館。

鈴木信太郎などの油彩・水彩約300点を収蔵品の中心とし、展覧会では洋画・日本画・工芸・彫刻・版画・書・写真など国内外の幅広いジャンルの芸術品を展示

鈴木 信太郎

鈴木 信太郎(すずき しんたろう、1895年 - 1989年)、洋画家。東京生まれ。白馬会洋画研究所で黒田清輝に師事する。二科展に出品し、1936年会員となる。戦後1955年二科会を退会して一陽会を結成し中心的存在として活躍する。1960年日本芸術院賞受賞、1988年文化功労者。明朗な風景画を得意とした。

名称
そごう美術館(そごうびじゅつかん)
開館時間
10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
※そごう横浜店の営業時間に準じる
休館日

そごう横浜店の休日に準じる
展示替期間中は休館

TEL
045-465-5515
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

企画展により異なる

所在地
〒220-8510
神奈川県横浜市西区高島2-18-1

アクセス

  • 横浜駅から徒歩3分
  • 首都高速道路横羽線東神奈川ランプから5分

そごう美術館 展示品

コレクションは鈴木信太郎などの油彩・水彩約300点を収蔵品の中心。展覧会は洋画・日本画・工芸・彫刻・版画・書・写真など国内外の幅広いジャンルの芸術品を展示している。

展示画家(そごう美術館)