西脇市岡之山美術館

岡之山美術館は兵庫県西脇市の「日本へそ公園」内にある美術館。西脇市出身の芸術家・横尾忠則の作品展示と保存を目的として1984年に開館。

建物の設計は磯崎新で、3両連結の列車車両をイメージしたユニークな外観だが、玄関はルネッサンス様式を踏襲している。

2年に一度、全国公募展「西脇市サムホール大賞展」が開催される。

横尾 忠則

横尾 忠則(よこおただのり、1936年 - )は、兵庫県西脇市生まれの美術家、グラフィックデザイナー。

神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、独立。1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言。以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。

幅広い作風でジャンルを超えて活動。油絵、オフセット印刷、テクナメーションや立体など技法は多様である。また先行する作品を引用や模写の形で作品に取り入れることも多い。

岡之山美術館
名称
西脇市岡之山美術館(にしわきしおかのやまびじゅつかん)
開館時間
10:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)
祝日の翌日(土・日曜日は除く)
年末年始、展示替期間
※8月の月曜日は休まず開館

TEL
0795-23-6223
FAX
0795-23-6223
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 310円(260円)
高大生 210円(160円)
小中学生 110円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金

所在地
〒677-0039
兵庫県西脇市上比延町345-1

アクセス


中国自動車道 滝野・社IC から国道175号線で約15分
無料駐車場有

バス
新大阪・三宮から神姫バス(西脇行き)で「西脇」下車
「西脇」からタクシーで約10分

JR
JR加古川線「日本へそ公園駅」下車すぐ

西脇市岡之山美術館 展示品

横尾忠則の作品を企画展示

展示画家(西脇市岡之山美術館)