棟方版画美術館

棟方志功の作品や板木・蒐集品などを保存するために、棟方志功が晩年を過ごした鎌倉山に設立された美術館。躍動感あふれるダイナミックな作品が数多く鑑賞できる。

棟方 志功

棟方 志功(むなかた しこう、1903年 - 1975年)は板画家。青森県出身。20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。

棟方の肉筆画作品は「倭画」と言われ、国内外で板画と同様に評価を受けている。大変な近視の為に眼鏡が板に付く程に顔を近づけ、軍艦マーチを口ずさみながら板画を彫った。

第二次世界大戦中、富山県に疎開して浄土真宗にふれ、『阿弥陀如来像』『蓮如上人の柵』『御二河白道之柵』『我建超世願』『必至無上道』など仏を題材にした作品が特に有名である。

名称
棟方版画美術館(むなかたはんがびじゅつかん)
開館時間
10:00~16:00
休館日

火曜日・年末年始・館内整理日

TEL
0467-31-7642
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 500円
学生 300円
小人 200円

所在地
〒248-0031
神奈川県鎌倉市鎌倉山2-19-17

アクセス

JR鎌倉駅東口バス(5)からバス(鎌倉山・鎌倉山経由江ノ島行き)「旭が丘」下車、徒歩1分

棟方版画美術館 展示品

棟方志功の作品を展示している。

展示画家(棟方版画美術館)