マイセン庭園美術館

箱根マイセン庭園美術館は、常時300点以上の18世紀~19世紀のアンティークマイセン陶磁器や、ヨーロッパのアンティーク磁器、オールドノリタケを展示している美術館。

仙石原の雄大な自然に囲まれた庭園は、カフェテラスとして利用できる。館内にはショップ、カフェもある。

コレクションにはマイセン磁器で造られたシャンデリア、パゴタというマイセンからくり人形、三美神センターピース、メッシュプレート、スノーボウルなどがある。

マイセン

マイセンはドイツ・マイセン地方で生産される磁器の呼称。名実ともに西洋白磁の頂点に君臨する名窯である。

17世紀ごろ東洋からもたらされた白磁は西洋社会では憧れの芸術品であった。各国が競ってその製造開発に乗り出し、1709年にザクセン・フォークラント地方のアウエ鉱山のカオリンを原料とした白磁の製造に成功し、西洋磁器の歴史の幕が開けた。

初期のマイセンのデザインは中国の五彩磁器や有田焼の影響を受けているが、ヨーロッパ的なロココ調の作品が主流になった。贋作防止のため、マイセンの陶磁器には交差した二本の剣のトレードマークが1723年から用いられている。

名称
マイセン庭園美術館(まいせんていえんびじゅつかん)
開館時間
9:00~17:30
休館日

年中無休

TEL
0460-84-2027
FAX
0460-85-2027
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 1600円
学生 1100円
こども(4歳~中学生)800円

所在地
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1246-602

アクセス

東名高速道路御殿場ICから乙女峠経由で14km(平常時25分)、厚木ICから小田原厚木経由で49km(平時常時60分)
駐車場 無料、普通車30台/大型バス2台

電車

東海道新幹線小田原駅から箱根登山バスで50分。小田急ロマンスカー箱根湯本駅から箱根登山バスで35分
「仙石原プリンスホテル前」下車徒歩2分

バス

小田急高速バス新宿駅西口から2時間10分「南仙石原」下車徒歩2分

マイセン庭園美術館 展示品

18世紀~19世紀のアンティークマイセン、ヨーロッパのアンティーク磁器やオールドノリタケを展示している。