コヤノ美術館・西脇館 豪農の館

平成27年には国登録有形文化財に(9棟)登録。
平成29年には兵庫県景観形成重要建造物群に指定。

旧国鉄鍛冶屋線建設に私財を投じた豪農の館を再生した「コヤノ美術館・西脇館」。

約3000㎡の敷地に、明治23年に建設された館、大正期のモダンな洋館、昭和初期の日本風の建物等、明治・大正・昭和の建築物を一同に見ることができる珍しい美術館です。

春には隣接した鍛冶屋線市原駅記念館前の桜に華やぎ、夏には東に流れる杉原川と日本建築の涼を楽しみ、秋には背景にみる美しい紅葉に喜び、冬にはその趣を味わう事ができます。

館内入り口前では岐阜の若手作家の美濃焼、館内展示女流書家の、日常に楽しむ書作品の販売もあります。

コヤノ美術館・西脇館 豪農の館
名称
コヤノ美術館・西脇館 豪農の館(こやのびじゅつかん・にしわきかん ごうのうのやかた)
開館時間
3~11月 10時~17時まで入館受付
12~2月 10時~16まで入館受付
“特別”12月~2月ナイトミュージアム開催(詳しくはHPをご覧下さい。)
休館日

毎週 土・日曜日開館
※20名以上団体様:平日相談可
年末年始休館

TEL
06-6358-7555
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 800円
小中学生 300円
20名以上団体 700円
(兵庫県教育委員会発行 ひょうごっ子ココロンカード提示で小中学生無料)

所在地
〒677-0004
兵庫県西脇市市原町139番地 鍛冶屋線市原駅記念館近隣

アクセス

・中国自動車道・滝野社I.Cから車で15分
・JR西脇市駅から多可町方面行きバス 「市原」バス停下車3分
・北はりま田園空間博物館・道の駅 北はりまエコミュージアムから車で10分

駐車場
普通車30台 大型バス2台

コヤノ美術館・西脇館 豪農の館 展示品

美術館を構築している貴重で珍しい木材、全国的にも珍しい建築様式(洋館まで住居の一部)、体験可能な秘密の隠し部屋、現在は作れない手織り中つぎ畳など、貴重な建物そのものの展示。

コヤノ美術館・西脇館 豪農の館

また館長所蔵の館内展示品として、2018年のメイン展示は、『ぼうし? と かばん?展』です。

日差し・外敵・様々な要因から頭を守る、身分をあらわす、美を、自分をあらわす帽子(かぶりもの)と、便利に、おしゃれに、物を持ち運ぶかばん(ふくろ)。どちらも、暮らしにとても密着したもので、様々なデザインのものがあります。

日本で発展し、長らく使われた笠やふくろなどは、明治維新により西洋文化が入ってきたことによって瞬く間に帽子とバッグにとってかわられました。時代が移り変わるその時、人々の暮らしに何が起こったのか。それを帽子?とかばん?という身近な切り口から想像していただければと思います。また、「こんなの使っている人が居たんだ!」「おしゃれだな」「かっこいいな」と、純粋に見て楽しんで頂ければ幸いです。大正~昭和の時代は特に、おしゃれへの貪欲さと探求心を感じさせます。

今回のタイトルは、最終目的は同じもののその言葉でひとくくりにしていいか悩んだため、クエスチョンマークをつけてみました。

また、同時開催で歌川豊国などの「浮世絵展」、豪華で華やかな「着物展」など特別展示継続中です。

前記メイン展示は12月中旬までで、季節や時節(ひな人形や5月人形)による臨時の 展示も随時入れ替えております。

常設には、孤高の女流書家 田正司 明嵐 の現代書(第28回産経国際書展新春展Ⅱ:奨励賞受賞、2013年ミレー友好協会展:神戸市長賞受賞、2014年ミレー友好協会展:兵庫県知事賞受賞・他多数、美術年鑑収載書家・ミレー友好協会日本支局参事)・他現代絵画・焼き物等も展示

コヤノ美術館・西脇館 豪農の館

展示画家(コヤノ美術館・西脇館 豪農の館)