神戸ファッション美術館

神戸ファッション美術館は、ファッションをテーマにした日本初の美術館。兵庫県神戸市東灘区にある海上都市「六甲アイランド」に1997年開館した。

外観は、UFOをイメージさせる斬新なデザイン。内部は4層で延床面積 17,000m²という大規模な美術館施設である。ファッションに関することを様々な視点からとらえたユニークな展示を行っている。

また、ファッション産業の人材育成を目的として「素材」、「色彩」、「装飾」、「歴史」、「デザイナー」、「社会」、「メディア」の7つのカテゴリーで服飾講座を開講している。

神戸ファッション美術館
名称
神戸ファッション美術館(こうべふぁっしょんびじゅつかん)
開館時間
10:00−18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日

水曜日(祝日の場合は翌日休館)
年末年始

TEL
078-858-0050
FAX
078-858-0058
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 500円 (400円)
小・中学・高校生・65歳以上 250円 (200円)
※( )内は30名以上の団体料金

所在地
〒658-0032
兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1

アクセス

電車
JR「住吉駅」・阪神「魚崎駅」のりかえ六甲ライナー「アイランドセンター駅」下車 南東すぐ

  • 阪神高速神戸線「摩耶」・「魚崎」ランプから約10分。
  • 阪神高速湾岸線「六甲アイランド北」ランプから約2分。
  • 三宮からハーバーハイウェイ経由約15分。

駐車場
美術館隣接の神戸ファッションプラザ駐車場をご利用ください。(30分100円)

神戸ファッション美術館 展示品

  • 19世紀~20世紀前半の服飾関連の書籍
  • VOGUE、HARPER’S BAZAAR、LIFE等モード誌のバックナンバー
  • ストローブ=ユイレの映画フィルム全21作品
  • 大内順子コレクション(1970年代からのトップデザイナーのスライド約46,000点など)
  • 環境映像およびドキュメンタリー映像など約4,800点、
  • パリ、ミラノ、ロンドン、東京のファッションショー映像約2,400点
  • 19-20世紀前半のフランス、イタリアの生地見本約30,000点(著作権フリー)
  • 大阪樟蔭女子大学被服学科との協働事業による復元作品