神戸市立小磯記念美術館

神戸市立小磯記念美術館は、神戸市東灘区の六甲アイランドにある美術館である。

神戸名誉市民である洋画家・小磯良平の遺族から神戸市に寄贈された2000点以上の作品及びアトリエ・所蔵図書等の展示・保存・調査研究と、氏の画業を顕彰することを目的として1992年に開館した。

収蔵作品数(約2500点)、延床面積(約4000m²)は、ともに個人美術館としては全国屈指の規模で、中庭には小磯良平のアトリエ(昭和24年当時のもの)も移築・復元されている。

館には3つの展示室以外に110型大画面でハイビジョン映像を鑑賞できるホールがあり、そこでは小磯良平や世界の名画を紹介する映像作品が常時上映されている

小磯良平

小磯良平 「働く人」地下通路壁画(レプリカ)

小磯 良平(こいそ りょうへい、1903年 - 1988年)は昭和期に活躍した、日本を代表する洋画家である。

肖像画、特に群像を多く手がけたことで知られる。

また、1992年に創設された「小磯良平大賞展」は国内最高賞金の公募展として知られている。

神戸市立小磯記念美術館
名称
神戸市立小磯記念美術館(こうべしりつこいそきねんびじゅつかん)
開館時間
10:00−17:00(特別展開催中の金曜日は18:00まで)
入館は閉館の30分前まで
休館日

月曜日(月曜日が祝休日の時はその翌日)
年末年始
(開館時間、休館日は臨時に変更する場合があります。)

TEL
078-857-5880
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 200円(160円)
高校・大学生 150円(120円)
小学・中学生 100円(70円)
※( )内は30名以上の団体料金
※特別展等の入館料はそのつど定めます。

所在地
〒658-0032
兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-7

アクセス

電車
JR「住吉」駅・阪神「魚崎」駅で、神戸新交通・六甲ライナーに乗りかえ、「アイランド北口駅」下車、西へ徒歩すぐ。

自動車

  • 国道43号線の東御影または東明交差点を六甲アイランド方面へ、
    六甲大橋を渡り案内表示に従って右折、西へ約300mの信号を左折、
    すぐに市営地下駐車場入口があります。
  • 阪神高速道路湾岸線六甲アイランド北出口西へ(六甲ライナーの下を直進)
    約1km信号を左折、すぐ市営地下駐車場入口があります。

神戸市立小磯記念美術館 展示品

  • 小磯良平 《リュートのある静物》
  • 小磯良平 《人間の壁》
  • 小磯良平 《母子像》
  • 小磯良平 《着物の女》
  • 小磯良平 《魚(さより)》
  • 小磯良平 《横たわる裸婦》
  • 小磯良平 《二人の少女》
  • 小磯良平 《働く人・横を向く男》
  • 小磯良平 《二人裸婦》
  • 小磯良平 《かぼちゃのある静物》
  • 小磯良平 《人間の壁》
  • 関口俊吾 《アムステルダム》

展示画家(神戸市立小磯記念美術館)