鎌倉国宝館

鎌倉国宝館は、鶴岡八幡宮境内の東側にある校倉風の展示館。大正12年の関東大震災により鎌倉の社寺建造物や仏像などが大きな被害を受けたことから、災害から貴重な文化財を保護するため、1928年(昭和3年)に設立された。

鎌倉市域、近隣の社寺に伝来する彫刻・絵画・工芸・書跡・古文書・考古資料などさまざまな文化財のうち、代表的な作品の多くが寄託され、保管・展示をしてあり、その数は約1,000件、4,800点の作品にもなる。

国宝は、絵画では「絹本淡彩 蘭溪道隆像」、「紙本著色 当麻曼荼羅縁起」、工芸では「籬菊螺鈿蒔絵硯箱」、「古神宝類35点」、書跡では「大覚禅師墨蹟 法語規則」がある。その他、国の重要文化財が多数収蔵されている。

昭和49年には財団法人氏家浮世絵コレクションを館内に設立し、肉筆浮世絵百数十点のコレクションも保管・展示している。

現在、本館は国の登録有形文化財に登録されている。敷地内に源実朝の歌碑がある。

名称
鎌倉国宝館(かまくらこくほうかん)
開館時間
午前9時から午後4時30分(入館は4時まで)
休館日

月曜日(休日の場合は次の平日)
月に一度の展示替え日、館内整理期間、年末年始等

TEL
0467-22-0753
FAX
0467-23-5953
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展示・特別陳列
一般 300円
小・中学生 100円

特別展の観覧料はその都度定めます

所在地
〒248-0005
神奈川県鎌倉市雪ノ下二丁目1番1号(鶴岡八幡宮境内)

アクセス

・JR鎌倉駅・江ノ電鎌倉駅から徒歩約12分
・江ノ電バス・京急バス、バス停八幡宮もしくは大学前から徒歩約3分

※駐車場がありませんので、 お車でご来館の際は、鶴岡八幡宮近隣の民間有料駐車場をご利用ください。

鎌倉国宝館 展示品

鎌倉国宝館では絵画、彫刻、工芸、書跡、典籍、古文書、考古資料、その他にも幅広く約1000件、4800点の作品を収蔵・展示している。

氏家浮世絵コレクション

菱川師宣《桜花二美人図》
懐月堂安度《美人愛猫図一人立》
懐月堂《美人一人立図》
奥村政信《当流遊色絵巻》
奥村政信《武者絵》
宮川長春《男女対語図》
宮川長春《美人立姿図》
宮川一笑《観菊図》
宮川長亀《吉原遊楽図》
宮川長哉《美人図》
西川祐信《美人観菊図》
田村水鴎(節信)《五美人観桜図》
富安《美人蚊帳図》
鈴木春信《桜下遊君立姿図》
磯田湖龍斎《吹雪になやむ美人図》
至信《汐くみ美人図》
田中益信《品川青楼図》
田中益信《品川遊女まりつき図》
川又常正《柳下美人図》
月岡雪鼎《しだれ桜三美人図》
月岡雪鼎《柳下美人図》
月岡雪斎《月下舞妓図・雪中詠歌図》
月岡雪斎《人形廻図》
勝川春章《美人活花図》
勝川春章《観梅美人図》
喜多川歌麿《かくれんぼ図》
喜多川歌麿《万才図額》
細田栄之《御殿山花見絵巻》
細田栄之《柳下二美人図》
細田栄里《六玉川美人図》
豊川栄深《雪中傘持美人図》
北尾政演《助六図》
葛飾北斎《酔余美人図》
葛飾北斎《若衆文案図》
葛飾北斎《雪中張飛図》
葛飾北斎《見立児島高徳図》
葛飾北斎《寿布袋図》
葛飾北斎《阿耨観音図》
葛飾北斎《三番叟図》
葛飾北斎《桜に鷲図》
葛飾北斎《鶴図屏風》
葛飾北斎《春日山鹿図》
葛飾北斎 《蛸図》
葛飾北斎《扇面波に燕図》
葛飾北斎《小雀を狙う山かかし図》
葛飾北斎《一枚物各種》
葛飾北斎《画帖》
百琳宗理《娘に猿図》
俵屋宗理《扇面かれい図》
菊川英山《雪中美人図》
歌川国久《傘さし美人図》
歌川豊勝《七夕美人図》
歌川豊広《柳下二美人図》
歌川広重《高輪の雪図》
歌川広重《両国の月図》
歌川広重《御殿山の花図》
司馬江漢《江之島富士遠望図》
岩佐勝重《職人尽図屏風》

展示画家(鎌倉国宝館)