白鶴美術館

白鶴美術館は、兵庫県神戸市東灘区にある、東洋古美術を中心とした私立美術館である。

白鶴美術館 中庭

白鶴美術館は、白鶴酒造の鶴翁(かくおう)と号し、茶人でもあった7代目嘉納治兵衛(1862年 - 1951年)の収集品を展示するため、1931年に財団法人白鶴美術館が設立され、1934年に開館。

収蔵品は仏教美術、中国の青銅器銀器陶磁器など国宝2件、国の重要文化財22件を含む1300点で、質・量ともに充実している。また、本館建物は登録有形文化財に登録されている。

1995年には開館60周年を記念して日本初のカーペットミュージアムとなる新館「絨毯美術館」が開設され、現代建築の館内では中近東の絨毯のほか、アフリカの仮面、彫刻が展示されている。

白鶴美術館
名称
白鶴美術館(はくつるびじゅつかん)
開館時間
10:00-16:30 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)
年末年始

TEL
078-851-6001
FAX
078-851-6001
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 800円
大高生 500円
中小生 250円
(団体20名以上は2割引)

所在地
〒658-0063
兵庫県神戸市東灘区住吉山手6-1-1

アクセス

  • 阪神御影駅、JR住吉駅から市バス38系統 渦森台行 「白鶴美術館前」下車
  • 阪急御影駅から北東約1km(徒歩約15分)
  • 阪神高速道路3号神戸線、大阪方面:魚崎出口から1.5km
  • 姫路、明石方面:摩耶出口から6km
  • 無料駐車場あり(大型バスも可)

白鶴美術館 展示品

国宝

  • 賢愚経残巻(大聖武)2巻
  • 大般涅槃経集解(だいはつねはんぎょうしゅうげ)71巻

重要文化財

絵画

  • 紙本金地著色四季花鳥図 狩野元信筆 六曲屏風
  • 紙本著色高野大師行状図 10巻 絵:巨勢有康筆 詞:源国資等十筆
  • 紙本墨画淡彩瀟湘八景図 祥啓筆

工芸品

  • 金銅小幡 1節・金銅垂飾金具 4箇(法隆寺伝来)
  • 金襴手獅子牡丹唐草文八角大壺(明時代)
  • 宋白地黒掻落竜文瓶(そう しろじくろかきおとし りゅうもん へい)
  • 蓮華唐草蒔絵螺鈿蝶形卓

書跡典籍

  • 画図讃文 巻第廿七
  • 根本百一羯磨(こんぽんひゃくいちこんま)第五
  • 註楞伽経(ちゅう りょうがきょう)巻第二・三
  • 法華経 巻第八(色紙)

考古資料(日本)

  • 硬玉勾玉付金鎖頚飾(こうぎょくまがたまつき きんさくびかざり)伝福岡糸島郡周船寺村古墳出土

考古資料(中国)

  • 虁鳳象文尊(きほうぞうもん そん)・虁鳳象文卣(きほうぞうもん ゆう)
  • 犠首饕餮虺竜文方罍(ぎしゅとうてつきりゅうもん ほうらい)
  • 犠首饕餮虁鳳文尊(ぎしゅとうてつきほうもん そん)
  • 象頭兕觥(ぞうとう じこう)
  • 饕餮虁鳳文方尊(とうてつきほうもん ほうそん)
  • 饕餮虁鳳文罍(とうてつきほうもん らい)
  • 饕餮文方卣(とうてつもん ほうゆう)
  • 鎏金花鳥文銀杯(りゅうきんかちょうもん ぎんはい)6口
  • 鎏金銀渦雲文壺
  • 鎏金竜池文銀洗

展示画家(白鶴美術館)