箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森は、箱根町あるガラス細工を展示している美術館。1996年に開館。館内はヴェネチアをイメージして作られているヴェネチアン・グラス美術館と現代ガラス美術館がある。

木の橋を渡って歩み入れば、そこはアドリア海の王女と謳われた往時のヴェネチアを思わせる「ヴェネチアン・グラス美術館」。15世紀から18世紀にかけてヨーロッパ貴族を熱狂させた繊細優美な輝きのヴェネチアン・グラスを展示している。

現代ガラス美術館は、ヴェネチアの街を想わせる中庭のある館。19世紀後半に再び復活し、新しい生命を吹き込まれた斬新な現代ヴェネチアン・グラス、リヴィオ・セグーゾデイル・チフーリなどの作品を展示。

「リヴィオ・セグーゾ庭園」では庭園内に現代ヴェネチアン・グラスを代表する作家、リヴィオ・セグーゾの作品が展示してあり、「ガラスの森」と箱根の自然の調和を楽しめる。

サンドブラストでガラスにお好みの絵柄を彫ってオリジナルガラス器を作れたり、ガラスパーツのアレンジにより世界に一つだけ自分へ大切な人へのオリジナルアクセサリーが作り体験ができる。

またアンティークショップやカフェレストランといった施設も付ある。

名称
箱根ガラスの森美術館(はこねがらすのもりびじゅつかん)
開館時間
午前9時~午後5時30分(ご入館は5時迄)
休館日

年中無休

TEL
0460-86-3111
FAX
0460-86-3114
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 1,300円
大高生 1,100円
小中生 800円

所在地
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48

アクセス

電車・バス

東京から新幹線で40分、小田原よりバス(湖尻桃源台行)40分、俵石・箱根ガラスの森前

東名御殿場I.Cから国道138号線で、箱根方面へ仙石原、国道138号沿い 車で約20分

駐車場

隣接有料駐車場 150台  普通車 1日300円
徒歩5分 第二駐車場 100台 無料

箱根ガラスの森美術館 展示品

ヴェネチアンガラスで出来たガラス細工などを展示している。

展示画家(箱根ガラスの森美術館)