箱根武士の里美術館

箱根 武士の里美術館は室町から江戸時代末期の甲胄や刀、蒔絵に茶道具などの武家工芸美術品を集めた、箱根で唯一の美術館。

コレクションの刀剣・槍は新々刀~古刀迄、日本一の大太刀(据共約2m)銘:三条宗近、徳川秀忠(二代将軍)佩用の大太刀 銘:吉岡一文字、胴田貫の大身の槍(据共3.5m)銘:胴田貫兵部、固山宗次 固山宗俊(山田吉豊太々切銘入)相州広次(紀州家伝来)、兼元(関の孫六)相州綱広など。

鎧・兜は幕末期~鎌倉期迄の甲冑・具足、大鎧、大名鎧、当世具足等、武士の戦場晴れ着を常時20領以上展示。

新撰組コーナーでは池田屋切込み時使用の鎖帷子、鎖胴衣、がんどう、鉢金入りはちまき、額兜等を展示。また6番隊組長井上源三郎の遺品3点;加賀製腹当・鎖帷子・六枚金額当を展示。

他にも鉄砲・弓矢、武家御道具類、茶道具・櫛、浮世絵・美人画など常時500点以上を展示している。

体験着付コーナーでは江戸末期に作成された現代物ではない、ずっしりとした重みのある本物の甲冑を試着できる。

日本の甲冑は、武士が戦場に出陣する際に武士(もののふ)」の晴れ着として着用し、又、身を守るだけでなく、精神的には我が身を鎧う死装束として製作された総合工芸美術品。

武士が自己顕示のため、創意工夫を凝らしめ甲冑師に製作を依頼した各時代の甲冑は、現代では想像の及ばない素晴らしい美術品でもある。

名称
箱根武士の里美術館(はこねもののふのさとびじゅつかん)
開館時間
4月~11月 10:00~17:00(最終入館16:30)
12月~3月 10:00~16:00(最終入館15:30)
休館日

4月~11月(無休)
12月~3月(水・木曜休館 ※祝日開館)

TEL
0460-84-8177
FAX
0460-84-4422
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 800円
中学生 600円
小学生 400円

所在地
〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817-580

アクセス

  • 小田原駅よりバス:湖尻・桃源台行 仙石案内所下車、徒歩5分
  • 箱根施設めぐりバス:湿生花園前下車
  • 車:東名御殿場ICより車で20分
    駐車場有(無料)

箱根武士の里美術館 展示品

室町から江戸時代末期の甲胄や刀、蒔絵に茶道具などの武家工芸美術品を展示。