南あわじ市滝川記念美術館 玉青館

南あわじ市 滝川記念美術館 玉青館は、兵庫県南あわじ市松帆西路にある日本初の現代南画の美術館であり、直原玉青の個人美術館である。1991年に開館した。中国の故宮博物館を模した建物である。

淡路島で育ったの現代南画の第一人者直原玉青の代表作「禅の牧牛 うしかひ草」や八角楼閣の天蓋部分に描かれた直径5mの「雲龍図」をはじめとする現代南画の名作を多数収蔵・展示。企画・特別展は随時行われている。

名称
南あわじ市滝川記念美術館 玉青館(みなみあわじしたきがわきねんびじゅつかんぎょくせいかん)
開館時間
9:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日
祝日の翌日
年末年始

TEL
0799-36-2314
FAX
0799-36-5408
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 300円 (240円)
大学・高校生 200円 (160円)
中・小学生 100円 (80円)
※( )内は20名以上の団体料金
※特別展のときは別に入館料を定めることがあります。

所在地
〒656-0314
兵庫県南あわじ市松帆西路1137-1

アクセス

神戸淡路鳴門自動車道西淡三原ICから県道31号を北へ400m、看板を目印に西へ車で1km
無料駐車場有

南あわじ市滝川記念美術館 玉青館 展示品

  • 直原玉青 「禅の牧牛 うしかひ草」(全十二作)
  • 直原玉青 「相忘」(文部大臣賞受賞)
  • 直原玉青 「迷」(内閣総理大臣賞受賞)
  • 直原玉青 「海門更月」
  • 直原玉青 障壁画「慶野松原図」
  • 直原玉青 天上画「雲龍図」

展示画家(南あわじ市滝川記念美術館 玉青館)