あさご芸術の森美術館

あさご芸術の森美術館は、兵庫県朝来市にあるあさご芸術の森内、自然石を積み上げた広大なロックフィルダム・多々良木ダムの前にある彫刻美術館。1999年に開館した。

あさご芸術の森美術館 「渚」

樹木に囲まれた広大な野外彫刻公園と美術館施設で構成される。朝来市出身の淀井敏夫の作品群の常設展示や現代美術の企画展などを行っている。

野外彫刻公園には彫刻作品が毎年2つずつ追加設置されている。屋内施設には展示室のほかアトリエ室や情報コーナー等もあり、館主催のアートキャンプやワークショップを通じて地域への芸術文化普及活動を行っている。

淀井 敏夫

淀井 敏夫(よどい としお、1911年 - 2005年)は兵庫県朝来市生まれの彫刻家、文化勲章受章者、日本芸術院会員。

削げたような形態と岩のような質感のユニークな作品で知られる。

大阪市立工芸学校を経て東京美術学校彫刻科卒業後、主に二科会を舞台にして、心棒に石膏を直付けする独自の技法で対象を叙情的に表現した具象彫刻を発表。大阪市立工芸学校教諭、東京芸術大学教授・美術学部長を務めた。

名称
あさご芸術の森美術館(あさごげいじゅつのもりびじゅつかん)
開館時間
10:00-17:00(6月1日-8月31日は18:00まで)
※入館は閉館30分前まで
休館日

水曜日(水曜が祝日の場合はその翌日)
祝祭日の翌日、年末年始(12月25日-1月5日)、展示替え日

TEL
079-670-4111
FAX
079-670-4113
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 500円
高校・大学生 300円
小・中学生 200円
※20名以上の団体は50円引き

所在地
〒679-3423
兵庫県朝来市多々良木739-3

アクセス

JR播但線「新井駅」より車で10分
播但連絡道路・朝来ICより15分

あさご芸術の森美術館 展示品

  • 淀井敏夫 《飛翔》
  • 淀井敏夫 《幼いキリン、堅い土》
  • 淀井敏夫 《エピダウロス・春》
  • 淀井敏夫 《ローマの公園》
  • 島剛 《木雷の壷》
  • 三木俊治 《行列-宙の話》
  • 吉村延雄 《風の奇跡》
  • 牛尾啓三 《オウシゾウケイ-大地からのおくりもの-》
  • 石原秀雄 《暗室の王》
  • 曾我孝司 《重力質》
  • 椿野浩二 《黙》
  • 早川榮治 《View of the bamboo》

展示画家(あさご芸術の森美術館)