大垣市守屋多々志美術館

日本画の巨匠守屋多々志の学生時代からの作品や愛用品、制作資料など展示している美術館。大垣市船町出身である守屋多々志は、市の栄誉市民で、国の文化勲章を受章、歴史画の第一人者として活躍した。

守屋多々志

守屋多々志(もりや ただし、1912年 - 2003年)は岐阜県大垣市出身の日本画家。本名は正(ただし)。昭和から平成にかけて日本美術院において活躍し、太平洋戦争従軍時やイタリア留学時を除いて、ほぼ毎年出品していた。

守屋の描いた作品は、歴史と古典への深い教養に根ざし、歴史人物を堅牢な絵画空間の中に描出した「歴史画」が中心である。また、その知識と姿勢が評価され、歴史考証が必要な小説挿絵や舞台美術、衣装デザインなどでも活躍した。

イタリア留学以前は、日本古来の大和絵を意識した構成・筆遣いで描いているが、留学後しばらくは、明らかに洋画を意識した重厚なマチエールで描いており、以後も絵具を厚塗りした作品を多く描いている。

昭和40年以降は武者絵を中心に、背景に金泥を使うなど豪壮な作品も見受けられたが、昭和57年頃から黒を多用した暗めの作品が多く、直線で画面を区切ったり、独特の遠近感を持たせたりする作品を多く描いている。

名称
大垣市守屋多々志美術館(おおがきしもりやただしびじゅつかん)
開館時間
午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日

毎週火曜日(その日が祝日にあたる時は開館し、翌日が休館)
祝日の翌日(その日が日曜日または火曜日にあたる時はその翌日、 月曜日または土曜日にあたる時はその翌々日)
年末・年始(12月29日~1月3日)
展示替え期間(2ヶ月毎、不定期)

TEL
0584-81-0801
FAX
0584-81-0801
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 300円
18歳未満 無料

当館、大垣城、郷土館の三館共通券
一般 400円
18歳未満 無料
*中学生・高校生は生徒手帳等をご提示ください。

所在地
〒503-0887
岐阜県大垣市郭町2丁目12番地

アクセス

JR東海道本線・養老鉄道・樽見鉄道 大垣駅から
南口から駅通りを徒歩で10分 または
名阪近鉄バス「市民病院前」「静里」方面(系統多数あり)
2つ目「郭町」下車 徒歩2分

東海道新幹線 岐阜羽島駅から
北口から名阪近鉄バス「大垣駅前(総合庁舎口・市民病院前経由)」行き
「郭町」下車 徒歩2分
または タクシーで25分

名神高速道路 大垣ICから
国道258号線を大垣市街地方面へ北上5キロ、
「旭町交差点」(左手に中部電力)を左折、3つ目信号の角

駐車場
市街地のため美術館専用駐車場はございません。
付近の市営駐車場(丸の内、本町)をご利用下さい(30分100円)。

 

大垣市守屋多々志美術館 展示品

守屋多々志の作品を3,300点を収蔵・展示。

守屋多々志《継信忠信》
守屋多々志《陸奥の宿》
守屋多々志《アンジェリコの窓》
守屋多々志《ギリシャの壷売り》
守屋多々志《ウィーンに六段の調(ブラームスと戸田伯爵極子夫人)》
守屋多々志《住吉燈台(夏祭)》
守屋多々志《縞物の娘》

展示画家(大垣市守屋多々志美術館)