熊谷守一記念館

熊谷守一記念館は、岐阜県中津川市(旧恵那郡付知町)にある美術館、記念館。付知土建株式会社が運営、管理する。

中津川市(旧恵那郡付知町)出身の洋画家、熊谷守一の偉業を記念し、開館する。

熊谷守一

熊谷守一(くまがい もりかず、1880年 - 1977年)は岐阜県中津川市付知町(旧:恵那郡付知)出身の画家。孤高の画家であり「画壇の仙人」と称される程であったが、二科展との繋がりはあった。

写実画から出発し、表現主義的な画風を挟み、やがて洋画の世界で『熊谷様式』ともいわれる独特な様式-極端なまでに単純化された形、それらを囲む輪郭線、平面的な画面の構成をもった抽象度の高い具象画スタイル-を確立した。

自然や裸婦、身近な小動物や花など生命のあるものを描いた画家で、洋画だけでなく日本画も好んで描き、書・墨絵も多数残した。

墨の濃淡を楽しみながら自由に描かれた墨絵、生命あるものを絵でなく「書」で表現したとも評された書、また、頼まれれば皿に絵付けなどもした。摺師との仕事を楽しんで制作した木版画も残されている。

名称
熊谷守一記念館(くまがいもりかずきねんかん)
開館時間
9:30−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合翌日)

TEL
0573-82-4911
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 500円(450円)
高校生 300円(250円)
小中学生 200円(150円)
( )内は20名以上の団体料金

所在地
〒508-0351
岐阜県中津川市付知町4956-52 ( アートピア付知交芸プラザ内)

アクセス

自動車

  • 中央自動車道中津川ICより国道257号(中津川有料道路)国道256号経由で約30km。

公共交通機関

  • 中央本線中津川駅(中津川駅前バスターミナル1番のりば)より、北恵那交通付知峡・広域市民病院線「付知峡倉屋温泉」「付知峡権四薙 」行きで「総合事務所(旧付知町役場)」バス停下車、徒歩約7分。
  • 中央本線中津川駅(中津川駅前バスターミナル4番のりば)より、濃飛バス恵北線「下呂駅前」行きで「尾ヶ平」バス停下車、徒歩3分。
  • 高山本線下呂駅より、濃飛バス恵北線「中津川駅前」行きで、「尾ヶ平」バス停下車、徒歩3分。

熊谷守一記念館 展示品

  • 熊谷守一 《椿》
  • 熊谷守一 《かたはみにいぬのふぐり》
  • 熊谷守一 《泉》
  • 熊谷守一 《猫》
  • 熊谷守一 《いそなでしこ》
  • 熊谷守一 《とんぼ》
  • 熊谷守一 《馬》
  • 熊谷守一 《若松》
  • 熊谷守一 《風景》
  • 熊谷守一 《蝦蟇》
  • 熊谷守一 《胡桃木》
  • 熊谷守一 《朝日》
  • 熊谷守一 《百日草》
  • 熊谷守一 《柿》
  • 熊谷守一 《地蔵さん》
  • 熊谷守一 《あやめ》
  • 熊谷守一 《裸婦》
  • 熊谷守一 《蛇目蝶》
  • 熊谷守一 《烏》
  • 熊谷守一 《シャクナゲ》
  • 熊谷守一 《へたも絵のうち》
  • 熊谷守一 《牡丹》

展示画家(熊谷守一記念館)