岐阜県美術館

岐阜県美術館(Museum of Fine Arts,GIFU)は、岐阜県が唯一運営している公立の美術館である。1982年(昭和57年)11月開館。

岐阜県出身者やゆかりのある画家(大橋翠石川合玉堂など)・芸術家の作品を多数収蔵する一方、オディロン・ルドンの作品「眼を閉じて」、「あずまやの下の二人の女」など他多数収蔵していることでも有名である。

展示は常設展示と企画展示があり、企画展示については年に6回程度行われている。

館内にはハイビジョンシアターが設置してあり、美しい画像で色々な番組を観ることができる。ハイビジョンシアターは近年新設される美術館では定番になっているが、ここでは早くから導入し注目を集めた。

庭内には幾多のモニュメントが展示してあり、庭内散策も面白い。また、ミュージアムショップでは書籍やポストカードなどの他に、地元作家の小品や雑貨の販売も行っており、特徴的な品揃えとなっている。

レストランは2007年6月27日に改装が行われ、「桂翠館ミュージアム」がオープンした。展覧会にちなんだ特別メニューが用意されることもある。

岐阜県美術館
名称
岐阜県美術館(ぎふけんびじゅつかん)
開館時間
10:00−18:00(入館は閉館の30分前まで)
第3金曜日9:30−21:00(入館20:30まで)
休館日

月曜日(祝日の場合その翌日)
祝日の翌日、年末年始

TEL
058-271-1313
FAX
058-271-1315
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

【所蔵品展】
一般 320円(260円)
大学生 210円(160円)
小中高生 無料
※( )内は20名以上の団体料金

【企画展】
展覧会ごとに異なり、その都度決定します

所在地
〒500-8368
岐阜県岐阜市宇佐4-1-22

アクセス

電車利用の場合

  • JR東海道線「西岐阜駅」下車、徒歩で15分または無料巡回バス「ふれあいバス」を利用
  • JR東海道線「岐阜駅」下車、タクシーまたは岐阜バスを利用
  • 名鉄「岐阜駅」下車、タクシーまたは岐阜バスを利用

バスご利用の場合

  • 岐阜バス(有料)
    (加野団地線)JR岐阜駅前(5番乗場)及び、名鉄岐阜駅前(1番乗場)乗車、「県美術館」下車 〔約15分〕
  • ふれあいバス(無料)
    JR西岐阜駅(南側ロータリー)乗車「県図書館・美術館」ゆき(約30分間隔)

自家用車の場合

  • 名神高速道路 岐阜羽島インターチェンジから県庁方面に向かって北進約10km
  • 東海北陸自動車道 岐阜各務原インターチェンジから国道21号線を西進約10km

岐阜県美術館 展示品

日本画

  • 川崎小虎 《うどんげの花を植える女》 1912-16
  • 奥村土牛 《犢》 1923
  • 川合玉堂 《老松蒼鷹》 1928
  • 玉舎春輝 《貴妃追夢》 1926
  • 伊東深水 《鏡》 1947
  • 前田青邨 《祝日》 1942
  • 中川とも 《本朝廿四孝 諏訪神社内だんまり》 1973
  • 加藤栄三 《空》 1958
  • 加藤東一 《白夜》 1969
  • 守屋多々志 《砂に還る(楼蘭に想う)》 1970
  • 土屋礼一 《道》 1979
  • 日本の洋画
  • 山本芳翠 《浦島図》 1893-95頃
  • 熊谷守一 《蝋燭(ローソク)》 1909
  • 岸田劉生 《自画像》 1914
  • 長原孝太郎 《明月》 1930
  • 早川国彦 《樹間の放牧》 1943
  • 山口薫 《画室の森》 1949
  • 村井正誠 《居ならぶ人々》 1969
  • 三尾公三 《仮面のステージ》 1996
  • 荒川修作 《裏から表へ》 1969
  • 李禹煥 《線より》 1977
  • 篠田桃紅 《人よ(Ⅱ)》 1988
  • 小本章 《seeing 93-53》 1993

西洋画

  • オディロン・ルドン 《眼は奇妙な気球のように無限に向かう》 1882《眼をとじて》 制作年不明、「ポール・ゴビヤールの肖像》 1900《オリヴィエ・サンセールの屏風》 1903
  • ギュスターヴ・モロー 《ピエタ》 1854
  • ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ 《《慈愛》 のための習作》 1893-94頃
  • エミール・ベルナール 《ポンタヴァンの市場》 1888
  • ポール・ゴーギャン 《ナヴェ・ナヴェ・フェヌア(かぐわしき大地)》 1893-94
  • エドヴァルド・ムンク 《マドンナ》 1895-1902
  • ジュール・パスキン 《マリエッタの肖像》 1928-29
  • ジョアン・ミロ 《人と月》 1950
  • ピエール=オーギュスト・ルノワール 《泉》 1910頃

工芸

  • 「遊鶴図大皿》 (銅胎有線七宝)明治中期頃
  • 各務鑛三 《飾り皿 銘祈り》 1929
  • 荒川豊蔵 《唐津風茶碗 銘山ノ端》 1953、「志野茶碗 銘早春》 1982
  • 小山冨士夫 《種子島茶碗 銘柴垣》 1977
  • 山田喆 《天目釉壷 霞雨霜雪》 1947
  • 塚本快示 《青白磁大皿》 1979
  • 加藤卓男 《三彩花器 銘爽容》 1990
  • 鈴木蔵 《志野茶碗》 1992
  • 宗廣力三 《藍地縞に丸文様絣着物》 1985
  • 山田光 《塔》 1963

彫刻

  • 小清水漸 《作業台-Spoons-》 1991
  • 天野裕夫 《重厚円大蛙》 1996
  • ジュリアーノ・ヴァンジ 《子供を連れた男 No.2》 1974
  • アリスティド・マイヨール 《地中海》 1902-05

展示画家(岐阜県美術館)