大阪市立美術館

大阪市立美術館(Osaka Municipal Museum of Art)は、大阪市天王寺区にある美術館。館の所在地は住友家本邸のあった場所で、住友家から美術館の建設を目的に日本庭園「慶沢園」とともに敷地を寄贈され、1936年に開館した。

建物は伊藤正文海上静一によって設計された。

大阪市立美術館 慶沢園から望む館

日本の国公立美術館の中でも歴史は古く、美術団体展や大規模企画展の貸し会場となるだけではなくコレクションを持ち常設展示をする意向が当初からあった。

市による購入の他、主に大阪市民などのコレクターの寄付で8000点を超える収蔵品が形成されてきた。仏教美術、エトルリアなど地中海文明の美術、充実した中国の絵画や書、日本の江戸期・明治以降の絵画、ほか金工漆工陶磁など貴重な工芸品を数多く有する東洋美術の宝庫である。

美術団体展を複数並行して行える地下展覧会室(4室)が近年増築された。また、併設されている美術研究所では素描、絵画、彫塑の実技研究を行っており、ここから日本画、洋画、現代美術、建築など多くの作家を輩出してきた歴史がある。

大阪市立美術館
名称
大阪市立美術館(おおさかしりつびじゅつかん)
開館時間
9:30−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始
※本館は陳列替えのため休室する場合があります。

TEL
06-6771-4874
FAX
06-6771-4856
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展
一般 300円 (150円)
高大生 200円 (100円)
中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方 無料
大阪市内在住の65歳以上の方 無料【要証明】
※( )内は20名以上の団体料金
※特別展などの料金は別途定めます
※特別展併設時は特別展観覧料にて常設展もご覧いただけます

所在地
〒543-0063
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82

アクセス

JR・地下鉄谷町線、 御堂筋線の「天王寺」駅、近鉄南大阪線「あべの橋」駅、阪堺電軌上町線「天王寺駅前」駅下車、または市バス「阿倍野橋」駅下車 北西400m(天王寺公園内)

大阪市立美術館 展示品

大阪市立美術品の所蔵品には個人コレクションの寄贈または購入によるものが多い。

代表的なものに、中国書画の阿部コレクション、中国石仏の山口コレクション、日本の蒔絵、根付、印籠等のカザール・コレクション、日本古美術の田万コレクションなどがある。

また、展示品の中には大阪府を中心とした関西地区の社寺からの寄託品もある。

重要文化財

  • 絹本着色伏生授経図 1巻 伝王維 唐時代
  • 紙本墨画明妃出塞図(めいひしゅっさいず)宮素然筆 中国・金時代
  • 絹本淡彩盤谷図 董其昌筆 明時代
  • 尾形光琳関係資料 一括
  • 絹本着色潮干狩図 葛飾北斎
  • 堀河中納言家歌合・一条大納言家歌合
  • 米芾(べいふつ)草書帖 宋時代
  • 蘇軾(そしょく)書李白仙詩巻 宋時代
  • 天命極楽律寺尾垂釜 文和元年
  • 萩薄扇面双雀鏡
  • 松喰鶴鏡
  • 湯瓶
  • 横井廃寺出土品

その他、主な収蔵品

  • 狩野宗秀 『四季花鳥図』
  • 尾形光琳 『燕子花図』
  • 尾形光琳 『円型図案集』
  • 池大雅 『竹林書屋図』
  • 岸駒 『牡丹孔雀図』
  • 葛飾北斎 『潮干狩図』
  • 岡田米山人 『紫霊蒼龍図』
  • 村山槐多 『自画像』
  • 島成園『伽羅の香』
  • 佐伯祐三 『パリの教会』
  • 佐伯祐三 『パリの裏街』
  • 赤松麟作 『琵琶湖』
  • 鍋井克之 『刈田の雨』
  • 児玉希望 『枯野』
  • 橋本関雪 『唐犬』
  • 鳥海青児 『北京天壇』
  • 上村松園 『晩秋』
  • 北野恒富 『星』

展示画家(大阪市立美術館)