中原悌二郎記念 旭川市彫刻美術館

中原悌二郎記念 旭川市彫刻美術館は、北海道旭川市にある美術館。旭川市にゆかりのある彫刻家・中原悌二郎の作品を数多く収蔵し、彫刻に関連した作品の展示や企画展・講座などを開催している。

美術館の建物は1994年に彫刻美術館として開館する以前は、旭川市立旭川郷土博物館として使用されており、さらにそれ以前は旧陸軍第7師団の旭川偕行社として使用されていた建造物である。建物自体は「旧旭川偕行社」としても知られ、1989年に国の重要文化財に指定されている。

中原 悌二郎

中原 悌二郎(なかはら ていじろう、1888年 - 1921年)は北海道釧路市生まれの彫刻家。大正期日本を代表する彫刻家の一人。

17歳の時、画家を志して上京。荻原守衛の感化によって彫刻に転じ、太平洋画会研究所彫塑部で新海竹太郎に師事。1912年ロダンの実作に初めて触れて、深く啓発される。

第3回院展に発表した「石井氏の像」で樗牛賞を受けて院友となり、以後も同展に「行乞老人像」「若きカフカス人」「憩える女」などの作品を次々と発表。その作風は写実に基づきながらも堅牢な構築性を示し、内面表現にも優れる。1919年の「平櫛田中像」を遺作として、32歳の若さで没した。

中原悌二郎記念 旭川市彫刻美術館
名称
中原悌二郎記念 旭川市彫刻美術館(なかはらていじろうきねんあさひかわしちょうこくびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始

TEL
0166-52-0033
FAX
0166-55-1413
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般  300円 (240円)
高校生 200円 (160円)
中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金

所在地
〒070-0875
北海道旭川市春光五条7

アクセス

  • バス・あさでん(所要時間25分)「旭川駅」前発で5番・22番、1条通7丁目発で80番いずれも4区1条1丁目(彫刻美術館前)下車
  • タクシー(20分位)「旭川駅」前から1,700円程度

中原悌二郎記念 旭川市彫刻美術館 展示品

中原悌二郎の作品と中原悌二郎賞受賞作品をはじめ,悌二郎に大きな影響を与えたロダンや荻原守衛,友人であった石井鶴三や堀進二,さらに旭川とつながりの深い加藤顕清,中原悌二郎賞の選考委員であった山内壮夫,本郷新など,近・現代彫刻の作品を収蔵しており,その数は,彫刻・平面あわせて1,100点以上を収蔵・展示している。

  • 中原悌二郎 《若きカフカス人》
  • 中原悌二郎 《女の顔》
  • 中原悌二郎 《老人》
  • 中原悌二郎 《平櫛田中像》
  • 中原悌二郎 《憩える女》
  • 中原悌二郎 《エチュード》
  • 木内克 《犬》
  • 木内克 《女の顔》
  • 木内克 《坐裸婦》
  • 木内克 《ねそべる女》
  • 加藤顕清 《黒田岩吉像》
  • 加藤顕清 《篠田弘作像》
  • 加藤顕清 《ロシア人の首》
  • 山内壮夫 《鶴の舞》
  • 山内壮夫 《お母さんのひざ》
  • 山内壮夫 《裸婦立像》
  • 藤川叢三 《少女像》
  • 藤川叢三 《坐像14》
  • 藤川叢三 《テラコッタ14》
  • 佐藤忠良 《帽子・立像》
  • 佐藤忠良 《三浦綾子》
  • 本郷新 《山内壮夫像》
  • 本郷新 《津田青楓像》
  • 荻原守衛 《坑夫》
  • オーギュスト・ロダン 《ジャン・デールの裸体習作》
  • O.ザッキン 《人間の森》
  • E-A.ブールデル 《雄弁》

展示画家(中原悌二郎記念 旭川市彫刻美術館)