逸翁美術館

逸翁美術館は、大阪府池田市にある美術館。設置者は財団法人逸翁美術館。阪急電鉄・阪急阪神東宝グループの創業者小林一三の旧邸「雅俗山荘」を展示場として1957年に開館した。

収蔵品の基礎は小林一三の個人コレクションで、古筆、古経、絵巻、中近世の絵画(特に蕪村・呉春・円山四条派のコレクション)、国内はもちろん中国・朝鮮・オリエント・西洋を含む陶磁器、日本・中国の漆芸品に及ぶ。

全体で書画約1600点、陶磁器約2500点、その他1000点、うち重要文化財15件、重要美術品認定物件19件を含む。特に与謝蕪村呉春円山四条派のコレクションは名高い。

現在は休館中で、2009年秋に阪急学園池田文庫のとなりの用地に新築移転され、オープンする。小林一三旧邸「雅俗山荘」は現在地で保存されることが決定している。

逸翁美術館
名称
逸翁美術館(いつおうびじゅつかん)
開館時間
10:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜、展示替え期間(祝日の場合は翌日休)
※2009年秋まで新館移転のため、休館中

TEL
072-751-3865
FAX
072-751-2427
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人:700円(550円)
高・大学生:500円(400円)
小・中学生:200円(150円)
65歳以上:550円
※( )内は20名以上の団体料金

所在地
〒563-0053
大阪府池田市建石町7-17

アクセス

阪急宝塚線「池田駅」から徒歩15分

逸翁美術館 展示品

重要文化財

  • 佐竹本三十六歌仙切(藤原高光)
  • 白描絵料紙金光明経 巻第二断簡(目無経)
  • 十巻抄(延慶二年覚巌奥書)
  • 芦引絵
  • 大江山絵詞 附詞書一巻
  • 豊臣秀吉像画稿 伝狩野光信筆
  • 三十三間堂通矢図屏風
  • 奥の細道画巻 与謝蕪村筆(安永八年十月款記)
  • 白梅図屏風 呉春筆
  • 花鳥蒔絵螺鈿洋櫃 付籐編み外櫃
  • 楞伽経(りょうがきょう)巻第二(天平廿年六月廿三日願俊経)
  • 雙観無量寿経 巻上(天平六年聖武天皇勅願経)
  • 寛和二年六月九日内裏歌合
  • 古筆手鑑(てかがみ)谷水帖 二十四葉
  • 継色紙(あまつかぜ)

重要美術品

  • 芒蒔絵棚
  • 伊勢集断簡(石山切)「ぬきためて」
  • 須恵器 脚付鳥蓋壷
  • 晩秋遊鹿図屏風 与謝蕪村筆
  • 砧図(秋夜擣衣図) 呉春筆
  • 地藏十王図
  • 消息「一日」 藤原定家筆
  • 古瀬戸印花菊文瓶子
  • 古今和歌集 伝藤原為家筆 冷泉為條ノ跋アリ
  • 紺紙金銀字交書賢却経 巻第四・五・九・十 紺紙金銀字清浄□尼方廣経
  • 露殿物語
  • 蓮根図 伝牧谿筆
  • 袈裟襷文銅鐸 奈良県添上郡櫟本村出土
  • 高野大師行状絵巻
  • 桐笹唐草蒔絵硯箱
  • 後撰集 巻第十断簡(白河切)「人のもとに」
  • 後拾遺集 巻第十断簡(中院切)「おくれじと」
  • 元永元年十月十一日内大臣家歌合断簡
  • 和漢朗詠抄(金沢文庫本)

展示画家(逸翁美術館)