芸術の森美術館

札幌芸術の森美術館は札幌芸術の森の中にある施設の一つである。1990年に開館。ロダンに始まる近・現代の彫刻史をたどることのできる作品収集、展示をするほか、札幌ゆかりの作家や現代美術の動向を紹介する展覧会を開催している。

「札幌芸術の森野外美術館」は起伏に富んだ緑豊かな自然のなかに広がる7.5haの敷地に、日本を中心とした現代を代表する彫刻家の作品や、ノルウェーの彫刻家グスタフ・ヴィーゲランの作品、札幌の姉妹都市のからの寄贈作品など、64作家73点の彫刻が展示されている。

作品の多くは、作家がこの地を実際に訪れ、地形や周囲の状況、札幌の気候などをもとに、それぞれの場所のために新たに制作されたもの。

「佐藤忠良記念子どもアトリエ」では、家族や子どもをモチーフにしたブロンズ彫刻・素描などの作品を展示している。

札幌芸術の森

札幌芸術の森は、札幌市南区にある芸術関係施設群を有する都市公園である。札幌市が設置し、現在財団法人札幌市芸術文化財団が運営を行っている。公共建築百選の一つ。

札幌芸術の森

美術館(芸術の森美術館、野外美術館ほか)、工芸館、アトリエ等研修施設(彫刻アトリエ、絵画アトリエ、版画工房、木工房、ガラス・陶工房、クラフト工房ほか)、アートホール、野外ステージ、有島武郎旧邸(移築)などの施設がこのひとつの地区に集まっている。

芸術の森に隣接する形で、札幌市立大学(芸術の森キャンパス)が位置している。

芸術の森美術館
名称
芸術の森美術館(げいじゅつのもりびじゅつかん)
開館時間
9:45−17:00(6月−8月は17:30まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日

4月29日−11月3日は無休
11月4日−4月28日は月曜日(祝日の場合その翌日)
年末年始(12月29日−1月3日)

TEL
011-591-0090
FAX
011-591-0102
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 700円
中学生以下 無料

所在地
〒005-0864
北海道札幌市南区芸術の森2-75

アクセス

地下鉄・バス

  • 地下鉄南北線「真駒内」駅よりバス2番乗り場から中央バス乗車約13分、「芸術の森入口」下車。(2番乗り場発の中央バスはすべて「芸術の森入口」に停まります。約15分間隔で運行。)

  • 北広島ICより、国道36号線、道道341号線を常盤方面へ約21km。
  • 札幌北ICより、国道5号線を札幌駅方面に向い国道453号線にでて支笏湖方面へ約23km。

駐車場 1車両1回につき 普通車 500円 大型車 1,200円

芸術の森美術館 展示品

  • 向井良吉 《野外美術館シンボルレリーフ》
  • 清水九兵衛 《ウィグ》
  • 新宮晋 《雲の牧場》
  • 朝倉響子 《ふたり》
  • 澄川喜一 《そりのあるかたち》
  • ダニ・カラヴァン 《隠された庭への道》
  • ホルスト・アンテス 《人物1000》
  • ナイジェル・ホール 《池の反映》
  • 新妻賓 《目の城'90》
  • 下田治 《ダイナモ》
  • レイモンド・カスキー 《ポートランディア》
  • 田 金鐸 《走向世界》
  • 李 禹煥 《関係項》
  • ハンス・シュタインブレンナー 《人物》
  • 秋山沙走武 《ミクロ89-I》
  • 中江紀洋 《波の重なり》
  • 中井延也 《月下》
  • 山本一也 《鳥になった日》
  • 小清水漸 《石翔ぶ》
  • 最上壽之 《ウレシウクテアノヨトコノヨトヲイキキスル》
  • 福田繁雄 《椅子になって休もう》
  • アントニー・ゴームリー 《シャフトII》
  • 一色邦彦 《彩霞燈》
  • 鈴木実 《若きカフカス人の追幻想譜》
  • 細川宗英 《ユカタンの女》
  • 速水史朗 《SAPPORO '90》
  • 安田侃 《間》
  • 高橋清 《ひとNO,16-I》
  • 下川昭宣 《夏引》
  • 保田春彦 《交叉する赤錆の壁》
  • 宮脇愛子 《うつろひ》
  • 砂澤ビッキ 《四つの風》
  • 山本正道 《こだま》
  • 土谷武 《挑発しあう形》
  • 板津邦夫 《北の柱頭》
  • 米坂ヒデノリ 《コタンクルカムイの詩》
  • 峯田敏郎 《風と舞う日》
  • 鈴木徹(てつ) 《北の大地の詩》
  • 峯田義郎 《二人の空》
  • 雨宮敬子 《花まい》
  • 吉田芳夫 《抜海の漢》
  • 飯田善國 《大地からの閃光》
  • 国松明日香 《日暮れの時の街NO, 9》
  • 鈴木徹 《蜃気楼》
  • 本田明二 《道標一けものを背負う男》
  • 坂坦道 《風の中の道》
  • 環境造形Q 《北斗まんだら》
  • 水井康雄 《石縁》
  • 多田美波 《位相》
  • 空充秋 《道》
  • 小田裏 《方円の啓示》
  • 建畠覚造 《オーガンNO, 10》
  • 井上武吉 《マイ・スカイ・ホール85-7》
  • 木村賢太郎 《開拓の祈り》
  • 内田晴之 《異・空間》
  • 柳原義達 《道標・鴉》
  • 湯原和夫 《1・9・8・5知性沈下》
  • 堀内正和 《のどちんことはなのあな》
  • 掛井五郎 《ベエが行く》
  • 淀井敏夫 《幼いキリン・堅い土》
  • 田中薫 《1・1・√2》
  • 本郷新 《鶏を抱く女》
  • 佐藤忠良 《女・夏》
  • 山内壮夫 《浮遊》
  • 山内壮夫  《はやぶさ》
  • 佐藤忠良 《少年の像》
  • 佐藤忠良 《冬の像》
  • 佐藤忠良 《足なげる女》
  • 佐藤忠良 《顔》
  • グスタフ・ヴィーゲラン 《腰に手をあてて立つ男》
  • グスタフ・ヴィーゲラン 《男と女》
  • グスタフ・ヴィーゲラン 《トライアングル》
  • グスタフ・ヴィーゲラン 《木の枝をすべりぬける少女》
  • グスタフ・ヴィーゲラン 《母と子》

展示画家(芸術の森美術館)