岡山市立オリエント美術館

岡山市立オリエント美術館(Okayama Orient Museum)は、岡山県岡山市天神町にある美術館。古代オリエントの美術品の収集、調査研究の活動を行っている。

美術館の建築設計は岡田新一。校法人岡山学園の安原真二郎理事長(当時)より、古代オリエントの美術品が1947点寄贈された事を機に1979年開館。岡山市教育委員会が管理を行っている。

岡山市立オリエント美術館
名称
岡山市立オリエント美術館(おかやましりつおりえんとびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合その翌日)
年末年始
展示替え期間

TEL
086-232-3636
FAX
086-232-5342
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展
一般 300円(240円 )
高大生 200円(160円)
小中生 100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
※特別展は、別料金になります。

所在地
〒700-0814
岡山県岡山市天神町9-31

アクセス

  • JR「岡山駅」東口より路面電車「東山」行きで約5分、「城下(しろした)」下車、左手すぐ
  • JR「岡山駅」東口より徒歩15分

岡山市立オリエント美術館 展示品

古代オリエントの美術品(土器・土製品、石器・石製品、彫刻、モザイク、印章・護符、陶器・ファイアンス、ガラス、金銀器、青銅器、コイン、染織品)を展示

展示画家(岡山市立オリエント美術館)