岡山県立美術館

岡山県立美術館(The Okayama Prefectural Museum of Art)は、岡山県岡山市にある美術館。1988年、岡山市天神山地区(後楽園や岡山城にほど近い)の県有施設跡地の再開発事業として岡山県によって開設された。

美術館の建築設計は岡田新一。「岡山県ゆかりの美術資料の収集を行う」という理念のもと、数々の美術品が収集・所蔵されている。

常設展として所蔵している美術品は「岡山の美術展」として公開するほか、特別展として全国の美術館の巡回展などが行われ、優れた美術品に触れる場を提供している。

学芸員や外部講師による講座やワークショップなどを催しており、美術の普及活動にも力を入れている。

岡山県立美術館
名称
岡山県立美術館(おかやまけんりつびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(休日の場合はその翌日)
年末年始
展示替え期間中

TEL
086-225-4800
FAX
086-224-0648
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展「岡山の美術」
一般   300円(240円)
高大生  200円(160円)
小中学生 無料
65歳以上 無料
※( )は20名以上の団体料金

特別展
展覧会により異なります。

所在地
〒700-0814
岡山県岡山市天神町8-48

アクセス

JR「岡山駅」から

  • 徒歩15分
  • 路面電車:岡山駅前電停1番乗り場、東山行「城下」下車徒歩3分
  • 岡電バス:岡山駅バスターミナル4番乗り場 藤原団地行「美術館前」下車すぐ
  • 宇野バス:岡山駅バスターミナル11番乗り場 四御神(しのごぜ)行または瀬戸駅行「表町入口」下車徒歩3分

駐車場有

岡山県立美術館 展示品

  • 雪舟 《山水図》(重要文化財)
  • 宮本武蔵 《布袋図》
  • 浦上玉堂 《山澗読易図》
  • 国吉康雄 《祭りは終わった》
  • 平櫛田中 《五浦釣人》
  • 玉潤 《絹本墨画廬山図》(重要文化財)
  • 小野竹喬 《夕苺》
  • 牧谿 《老子図》

展示画家(岡山県立美術館)