なかとみ現代工芸美術館

なかとみ現代工芸美術館は工芸美術作品を展示する美術館。身延町の伝統工芸、手すき和紙の体験施設や売店が揃うなかとみ和紙の里にある。

現代工芸と呼ばれる、紙・陶磁器・染色・漆から、ガラス・皮・金属など多彩な材料と技法・技術を駆使して生まれる作品を展示している。ほかにも特色ある展覧会を開催している。

また併設する紙屋なかとみでは山梨の風土によって育まれてきた和紙や全国の和紙を2500種、展示・販売している。

体験施設では紙漉き体験ができ、字漉き、うちわ漉き、灯り漉き、タペストリ漉き、時計タペストリの体験ができる。また味菜庵では郷土料理が味わえる。

名称
なかとみ現代工芸美術館(なかとみげんだいこうげいびじゅつかん)
開館時間
9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日

毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始(12/28~1/1)

TEL
0556-20-4555
FAX
0556-20-4557
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 500円(450円)
高・大学生 300円(270円)
小・中学生 100円(90円)
※( )内は20名様以上の団体料金です

紙漉き体験
字漉き 1000円
うちわ漉き 1500円
灯り漉き 2000円
タペストリ漉き 1500円
時計タペストリ 2000円

所在地
〒409-3301
山梨県南巨摩郡身延町西嶋345 なかとみ和紙の里内

アクセス

東京・甲府方面からお越しの場合
中央道・甲府南インターを下り、市川方面へ進み、国道52号線に出ます。(静岡方面に進み、身延町に入り西島トンネルを抜けます。バイパスの最初の信号(峡南橋西詰)を右折しますと、すぐ右手に和紙の里がございます。)

長野方面からお越しの場合
中央道・増穂インターを下り、静岡方面に進みます。国道52号線に進みましたら、身延町に入り西島トンネルを抜けます。バイパスの最初の信号(峡南橋西詰め)を右折しますと、すぐ右手に和紙の里がございます。

東名高速・静岡方面からお越しの場合
清水インターから甲府方面に進みます。国道52号線に入り、甲府方面へ進みます。南部町を通り過ぎ、身延町に入りましたら、富士川沿いを走る西嶋バイパスへ進みます。「峡南橋西詰」の信号を左折しますと、右手に「なかとみ和紙の里」になります。

電車でお越しの場合
山梨県・甲府駅もしくは静岡県・富士駅(特急ふじかわは静岡駅)から身延線にお乗りください。甲斐岩間(かいいわま)駅で下車し、タクシーで5分程度になります。

なかとみ現代工芸美術館 展示品

現代工芸と呼ばれる、紙・陶磁器・染色・漆から、ガラス・皮・金属など多彩な材料と技法・技術を駆使して生まれる作品を展示。