名古屋市美術館

名古屋市美術館(Nagoya City Art Museum)は、愛知県名古屋市中区の白川公園内にある美術館です。

1988年4月22日に開館。建物は建築家黒川紀章の代表作として名高く、地元出身でもある黒川が、名古屋城や大須観音、熱田神宮など名古屋の伝統的な建築物の意匠を随所に取り入れています。

コレクションは、三岸節子前田青邨川合玉堂熊谷守一ら郷土作家の作品の他、

  1. エコール・ド・パリ
    パリを描き続けた稲沢市生まれの荻須高徳との関連から、エコール・ド・パリ(パリ派)とよばれる、1910年頃から1930年頃にかけて芸術の都パリに集まってきたボヘミアン的な生活をしていた画家の作品を収集
  2. メキシコ・ルネサンス
    瀬戸市ゆかりの北川民次がメキシコで活躍した縁、メキシコシティと名古屋市の姉妹都市締結の縁からメキシコ・ルネサンスとよばれる壁画運動の三大巨匠オロスコ、リベラ、シケイロスとタマヨ、カーロ、イスキエルドをはじめとする、メキシコ近代美術作品を収集
  3. 現代美術
    第二次世界大戦後から現代にいたる美術作品のうち、愛知出身の荒川修作河原温桑山忠明らコンセプチュアルアート、ミニマルアートで世界的に活躍する作家、および同時代の日本内外の作家

を中心に収蔵しています。

名称
名古屋市美術館(なごやしびじゅつかん)
開館時間
9:30−17:00
金曜日は20時まで(祝日にあたる場合は除く)
(入場は閉館の30分前まで)
休館日

毎週月曜日(祝日の場合は直後の平日)
12月29日-1月3日

TEL
052-212-0001
FAX
052-212-0005
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

常設展
一般 300円
高校・大学生 200円
名古屋市在住65歳以上の方 100円
小・中学生 無料

※特別展はその都度観覧料を定めます。

所在地
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄2丁目17番25号

アクセス

  • 地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車、5番出口から南へ徒歩8分
  • 地下鉄鶴舞線「大須観音」下車、2番出口から北へ徒歩7分
  • 地下鉄名城線「矢場町」下車、4番出口から西へ徒歩10分

名古屋市美術館 展示品

  • モイズ・キスリング 《新聞のある静物》《ルネ・キスリング夫人の肖像》
  • マルク・シャガール 《二重肖像》
  • シャイム・スーティン 《鳥のいる静物》《農家の娘》《セレの風景》
  • ジュール・パスキン 《クララとジュヌヴィエーヴ》《横たわるエリアーヌ》
  • アメデオ・モディリアーニ 《立てる裸婦》《おさげ髪の少女》
  • モーリス・ユトリロ 《マルカデ通り》《ノルヴァン通り》《ラパン・アジール》
  • マリー・ローランサン 《横たわる裸婦》《サーカスにて 》《アポリネールの娘》
  • コンスタンティン・ブランクーシ 《うぶごえ》
  • 荻須高徳 《サンドニ風景》
  • 田中保 《ソリタ・ソラノの肖像》
  • ルフィーノ・タマヨ 《黒人の仮面》《乗り遅れた乗客》《夜の踊り子たち 》《苦悶する人》《横笛を吹く人》
  • 川合玉堂 《秋嶺白雲》
  • 福田平八郎 《蜜柑》
  • 前田青邨 《宿場》《帰猟》《修羅道》《富貴花》
  • 横山大観 《日月》
  • 三岸好太郎 《海と射光》
  • 草間彌生 《ピンク・ボート》
  • 李禹煥 《風とともに》
  • 藤田嗣治 《自画像》

展示画家(名古屋市美術館)