一宮市三岸節子記念美術館

三岸節子記念美術館(みぎしせつこきねんびじゅつかん)は、愛知県尾西市(現一宮市)出身の画家三岸節子の作品を収集・展示する目的で一宮市が運営する美術館である。1998年11月3日「尾西市三岸節子記念美術館」として開館。2005年一宮市との市町村合併にともない「一宮市三岸節子記念美術館」と名称を変更した。同美術館は三岸節子の生家跡地に建設されている。

三岸節子

三岸 節子(みぎし せつこ、1905年 - 1999年)は洋画家。愛知県起町(後の尾西市。現・一宮市)生まれ。岡田三郎助に師事。1924年、三岸好太郎と結婚。1946年、女流画家協会を創立。1968年からは南仏に居を移して、作品の制作をする。1991年に帰国し神奈川県大磯の山荘へ転居。作品に『くちなし』『飛ぶ鳥』等。

名称
一宮市三岸節子記念美術館(みぎしせつこきねんびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝祭日・振替休日の場合は翌日)
祝日の翌日(土曜・日曜日の場合は開館)
年末年始(12月28日−1月4日)
特別展前の展示替えによる整理期間

TEL
0586-63-2892
FAX
0586-63-2893
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般320円、高大生210円、小中生110円
※市内小中生は無料
※20名以上の団体は2割引
※特別展観覧料はその都度定めます

所在地
〒494-0007
愛知県一宮市小信中島郷南3147-1

アクセス

公共交通機関ご利用の場合

名古屋駅より JR東海道本線「尾張一宮駅」又は名鉄名古屋本線「名鉄一宮駅」下車
名鉄バスターミナルのりばより「起(おこし)」行き「起工高・三岸美術館前」下車、徒歩約1分
岐阜羽島駅(新幹線)より タクシーで約20分

車ご利用の場合

大阪方面より 名神高速道路 岐阜羽島インターより
濃尾大橋経由 県道18号線(大垣一宮線)「郷東」交差点より 約5分

東京・名古屋方面より 東海北陸自動車道一宮西インターより
県道14号線(西尾張中央道)「馬引横手」交差点 左折約10分

関・郡上八幡方面より 東海北陸自動車道尾西インターより
県道14号線(西尾張中央道)「馬引横手」交差点 右折約10分

一宮市三岸節子記念美術館 展示品

  • 三岸 節子「朝がきた(ヴェネチア) 」
  • 三岸 節子「細い運河」
  • 三岸 節子「ブルゴーニュの麦畑」
  • 三岸 節子「ヴェネチアの海」
  • 三岸 節子「モンマルトルの家」
  • 三岸 節子「イル・サンルイの秋」
  • 三岸 節子「アンダルシアの町」
  • 三岸 節子「城のある町」

展示画家(一宮市三岸節子記念美術館)