河口湖美術館

河口湖美術館は、富士山を描いた絵画、版画、写真を中心に作品を収集・展示をしている美術館。1991年に河口湖の東北岸に、富士五湖地方で初めて公立美術館として開館。富士箱根伊豆国立公園の、雄大な富士山と美しい湖に囲まれた美術館。

巨匠から若手作家まで、様々な筆による富士の姿を常設展として公開している。常時行っている企画展では、内外の古代美術から現代美術まで、幅広い内容の展示会を開催。

名称
河口湖美術館(かわぐちこびじゅつかん)
開館時間
9:30~17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

火曜日(祝日の時は開館)
展示替え時、休館(不定期)、年末の休館

TEL
0555-73-2829
FAX
0555-76-7879
入場料

一般・大学生 800円
中・高校生 500円

所在地
〒401-0304
山梨県南都留郡富士河口湖町河口3170

アクセス


河口湖I.Cから10分 、河口湖駅から10分

駐車場
大型車10台、普通車50台

電車・バス

  • 富士急行線河口湖駅から2または4番線バス10分、「美術館前」下車、徒歩7分
  • 河口湖周遊レトロバス「河口湖美術館」下車、徒歩1分

河口湖美術館 展示品

富士山をテーマにした作品、縁りのある作家の作品を展示している。