植田正治写真美術館

植田正治写真美術館

植田正治写真美術館(SHOJI UEDA MUSEUM OF PHOTOGRAPHY)は鳥取県西伯郡伯耆町にある写真家植田正治の個人美術館。正式名称は伯耆町立植田正治写真美術館。1995年9月23日に開館した。

世界的写真家植田正治の顕彰を目的として開設された施設で、本人から寄贈された15,000点の作品を収蔵、常設展示し、植田の芸術とプロフィールを紹介する。

植田正治写真美術館

美術館は植田の故郷鳥取県境港市近くの伯耆町に立地し、建物のスリット状の隙間から伯耆富士の形状の大山と水面に写る「逆さ大山」を望むことができるように設計されている。建築設計は高松伸

植田 正治

植田正治写真美術館

植田 正治(うえだ しょうじ、1913年 - 2000年)は、日本の写真家。日本国内はもとより世界的にも著名な写真家である。

植田の「演出写真」は写真誕生の地であるフランスで日本語表記そのままにUeda-cho(植田調)という言葉で広く紹介されている。 生地・境港を拠点に70年近く写真活動を行った。

植田正治写真美術館
名称
植田正治写真美術館(うえだしょうじしゃしんびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日

火曜日(祝日の場合その翌日)
12月1日−2月末日
展示替え期間(年3回不定期)

TEL
0859-39-8000
FAX
0859-68-3600
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 800円 (700円)
高大生 500円 (400円)
小中生 300円 (200円)
※( )内は20名以上の団体割引料金

所在地
〒689-4107
鳥取県西伯郡伯耆町須村353-3

アクセス

  • JR「米子」駅からJR伯備線上り乗車、JR「岸本」駅下車、「岸本」駅よりタクシーで5分
  • 米子自動車道「溝口I.C.」より車で15分
  • 米子空港より車で45分

植田正治写真美術館 展示品

植田正治の作品を展示

展示画家(植田正治写真美術館)