富山県立近代美術館

富山県立近代美術館は富山県富山市西中野町にある、20世紀以降の美術作品を中心とした美術館。

1981年に、富山県置県100年事業として設立された。常設展示は、パブロ・ピカソロートレックルオーシャガール等の作品のほか、シュルレアリスム作家の作品を中心としたコレクションである。

設立の経緯としては、富山市出身の美術評論家・作家である瀧口修造が、ジョアン・ミロマルセル・デュシャン等との交友関係があったためといわれている。

富山県立近代美術館
名称
富山県立近代美術館(とやまけんりつきんだいびじゅつかん)
開館時間
9:30−17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始 等

TEL
076-421-7111
FAX
076-491-3230
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

【常設展示】
一般 200円(160円)
大学生 160円(100円)

※( )内は20名以上の団体料

【企画展示】
展覧会によって異なります。

所在地
〒939-8084
富山県富山市西中野町1-16-12

アクセス

富山駅前から

富山ミュージアムバス:富山駅前CiCビル横から発車(無料)10:00~16:00の毎時00分(1日7便)
路線バス:富山駅前5番のりばから乗車、「西中野口」下車(料金230円)徒歩2分
市内電車:富山駅前から南富山駅行きに乗車、「西中野」下車(料金200円)徒歩約7分

タクシー:約15分

富山インター(北陸自動車道)から

富山市街方向へ国道41号線を北上 約15分
駐車場(無料) 城南公園南駐車場 乗用車114台、バス4台

富山県立近代美術館 展示品

  • パブロ・ピカソ 《闘牛場の入口》
  • アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 《マンジの肖像》
  • パブロ・ピカソ 《肘かけ椅子の女》
  • パブロ・ピカソ 《静物》
  • パブロ・ピカソ 《座る女》
  • マルク・シャガール 《山羊を抱く男》
  • ジョルジュ・ルオー 《パシオン》
  • フェルナン・レジェ 《インク壺のあるコンポジション》
  • ジョルジュ・ブラック 《静物II》
  • ジャック・ヴィヨン 《フラジョレットを吹く男》
  • レイモン・デュシャン=ヴィヨン 《馬の頭》
  • ジャック・ヴィヨン《彫刻台のボードレール像》
  • 原画: マルセル・デュシャン, 版刻: ジャック・ヴィヨン 《花嫁:マルセル・デュシャン『花嫁』(1912)による》
  • アントワーヌ・ペヴスナー 《フェニックス》
  • ナウム・ガボ 《空間の中の線の構成 No.2》
  • パウラ・モーダーソン=ベッカー 《釣瓶井戸》
  • パウル・クレー 《レールの上のパレード》
  • コンスタン・ペルメーケ 《テーブルの男》
  • ケーテ・コルヴィッツ 《哀悼 エルンスト・バルラッハを偲んで》
  • ジョアン・ミロ 《パイプを吸う男》
  • ジョアン・ミロ 《『手づくり諺』より》
  • マックス・エルンスト 《『博物誌』より》
  • マックス・エルンスト 《森と太陽》
  • マルセル・デュシャン 《トランクの箱(特装版)》
  • ロベルト・マッタ 《無題》
  • サルバドール・ダリ 《アメリカのクリスマスのアレゴリー》
  • イヴ・タンギー 《火、色彩》
  • ルネ・マグリット 《真実の井戸》
  • ポール・デルヴォー 《夜の汽車》
  • マン・レイ 《解剖台の上でのミシンと雨傘の偶発的な出会いのように美しい》
  • マン・レイ 《アンドレ・ブルトン、ソラリゼーション》
  • マン・レイ 《桃》
  • 岡本太郎 《赤い兎》
  • マックス・エルンスト 《『慈善週間あるいは七つの主要素』より》
  • ジョセフ・コーネル 《砂の箱》
  • ルネ・マグリット 《真実の井戸》
  • ジャン・アルプ 《鳥の骨格》
  • ジャン・フォートリエ 《シーソーのシステム》
  • ピエール・スーラージュ 《絵画》
  • ルーチョ・フォンタナ 《空間概念―期待》
  • ハンス・ハルトゥンク 《T1987-H41》
  • セルジュ・ポリアコフ 《コンポジション》
  • ジャン・デュビュッフェ 《よく眠る女》
  • フランシス・ベーコン 《横たわる人物》
  • アントニ・タピエス 《記号文字と別れの悲しみ》
  • 白髪一雄 《浄風吹炎》
  • 吉原治良 《作品》
  • 村井正誠 《白の上に》
  • アルベルト・ジャコメッティ 《裸婦立像》
  • マリノ・マリーニ 《糸状の小さな馬》
  • ジャコモ・マンズー 《着衣の少女》
  • ヘルベルト・バイヤー 《66/73》
  • ジョセフ・アルバース 《正方形へのオマージュ》
  • ジャクソン・ポロック 《無題》
  • ジャスパー・ジョーンズ 《消失II》
  • ロイ・リキテンスタイン 《雄牛のプロフィール・シリーズ》
  • アンディ・ウォーホル 《キャンベル・スープ I》
  • ジェイムズ・ローゼンクイスト 《標準時間帯上の日没》
  • トム・ウェッセルマン 《スモーカー #26》
  • ルイーズ・ネヴェルスン 《スカイ・リフレクション》
  • ジョージ・シーガル 《戸口によりかかる娘》
  • ジョージ・シーガル 《ブルー・ジーンズ・シリーズ》
  • イヴ・クライン 《青いヴィーナス》
  • クリスト(クリスト・ヤヴァシェフ) 《『ランニング・フェンス:カ
    リフォルニア州ソノマ郡とマリン郡』》
  • チャック・クローズ 《自画像》
  • フランク・ステラ 《タラデガ》
  • ジェニファー・バートレット 《炎・テーブル・円錐G》
  • ヤン・フォス 《2個の命》
  • マリソール 《サリー・ディーンズの肖像》
  • エドワルド・チリーダ 《デ・ムジカ-ダラスのためのプロジェクトⅦ》
  • 山田正亮 《WORK E‐57》
  • 堀浩哉 《ジャングル-15》
  • 磯辺行久 《Work 63-52》
  • 横尾忠則 《画家の自画像》
  • 岡本太郎 《明日の神話》
  • 舟越桂 《澄みわたる距離》
  • 靉嘔 《Rainbow Supper Set》
  • フィリップ・キング 《グリーン・ストリーマー》
  • ゲルハルト・リヒター 《オランジェリー》
  • サム・フランシス 《無題》
  • 新妻実 《ピラミッド’83》
  • ジャコモ・マンズー 《着衣の少女》
  • フェルナン・レジェ 《誕生日》
  • アンソニー・カロ 《ヨハネス・ブラームスのためのテーブル》
  • 伊藤公象 《木の肉・土の刃Ⅵ》
  • 伊藤隆道 《七月》
  • マリノ・マリーニ 《ある構想のかたち》
  • 吾妻兼治郎 《YUー84》

展示画家(富山県立近代美術館)