不知火美術館

不知火美術館は、熊本県宇城市の不知火文化プラザ内にある。

熊本県宇土郡不知火町(現・宇城市)生まれで、後にブラジルに移住し、同国を中心に活動した、鮮烈な色彩とみずみずしい感性による抽象画により南米のピカソと賛えられたマナブ間部の作品を多数所蔵・展示している。

また、1930年代のアメリカ画壇で活躍し、30歳の若さで一生を終えながら、日本の近代絵画史上に大きな足跡を残した野田英夫、従来の版画の概念から脱し、独創的な発想で版画会の脚光を浴びた東京芸術大学教授の野田哲也、大正-昭和初期米国を拠点に活躍した、世界的な写真家の河野浅八など当地より輩出した芸術家の作品を収蔵している。

常設コーナーはこれらの作品を常時展示している。展示会場は企画展の他、地域の発表の場として貸出しもしている。

名称
不知火美術館(しらぬいびじゅつかん)
開館時間
平日 10:00-18:00
土日祝日 10:00-17:00
休館日

月曜日(祝日の場合、その翌日)
年末年始

TEL
0964-32-6222
FAX
0964-32-6223
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般 300円
高・大学生 200円
小・中学生 100円
団体(20人以上)2割引

所在地
〒869-0552
熊本県宇城市不知火町高良2352

アクセス

  • JR:鹿児島本線「松橋駅」より徒歩8分
  • バス:松合経由三角行「宇城市役所不知火支所前」下車 徒歩1分(1日9便)
  • 自動車:九州自動車道・松橋インターより約4キロ(約8分)
    駐車場:約30台

不知火美術館 展示品

  • マナブ間部 《大陸》
  • マナブ間部 《嵐の後》
  • マナブ間部 《静》
  • マナブ間部 《天と地》
  • マナブ間部 《ひとりごと》
  • マナブ間部 《加速》
  • マナブ間部 《風景》

展示画家(不知火美術館)