東北福祉大学 芹沢銈介美術工芸館

東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館は、風景や草花などの写生図から文様を彫り込んだ型紙を作り、防染糊を用いて染色する「型絵染」を確立した芹沢銈介の染め物作品を展示している美術館。東北福祉大学内にある。平成元年(1989)に開館。

建物のステンドグラスのデザインは芹沢銈介が手がけた、インドクシナガラ釈迦本堂の蓮と炎のモチーフをメインに作られている。

また芹沢銈介が集めた世界各国の染織品、木工品、土器・土偶、編組品、装飾品、家具など多岐にわたる工芸品を収蔵・展示している。

芹沢 銈介

芹沢 銈介(せりざわ けいすけ 1895年 - )は、日本の染色工芸家で、型絵染の人間国宝(重要無形文化財保持者)。静岡県静岡市生まれで、静岡市名誉市民。文化功労者。20世紀日本の代表的な工芸家として内外から高く評価されている。

型絵染」は芹沢が創始した技法で、布の代わりに、紙を型紙で染めたもの。仕事は、着物、帯、夜具、暖簾、屏風、壁掛け、本の装丁、カレンダー、ガラス絵、書、建築内外の装飾設計(大原美術館工芸館)など、多岐にわたる。

世界中の民具や民俗工芸品などを収集していて、日本の着物、アジアの家具や民画、漆器や仏画、民族衣装、絞染の衣装、インドの木綿地絞り染め被衣、アフリカの仮面や木工品、中南米の土偶や土器などジャンルも多岐にわたり、総数は6000点を超えていた。

1976年 フランス政府から招聘されパリで「芹沢銈介展」開催。1983年 フランス政府より芸術文化功労賞を受賞。

名称
東北福祉大学 芹沢銈介美術工芸館(とうほくふくしだいがく せりざわけいすけびじゅつこうげいかん)
開館時間
10:00~16:30
休館日

展示替え期間
入学試験日

TEL
022-717-3318
FAX
022-717-3324
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 300円
大学生 200円
高校生以下 無料

所在地
〒981-8522
宮城県仙台市青葉区国見1-8-1 東北福祉大学内

アクセス

バス
市営バス:仙台駅西口(仙台ホテル前)24番バス停「北山-子平町循環」もしくは25番バス停「子平町-北山循環」で福祉大学前下車。  所要時間約30分。

電車
JR仙山線で「東北福祉大前駅」(JR仙台駅から約13分)下車。東北福祉大前駅から徒歩10分。

タクシー
所要時間約20分。


東北自動車道を「仙台宮城IC」でおり、そこから山形、泉方面という案内の道に入ります。 そのまま表示に従って進みますと、一つ目の信号に到着します。
さらに左折して48号線、仙台市内へすすんでください。
48号線をそのまま道なりに仙台方面に進み、大崎八幡神社手前の信号を左折(※国見方面へ:坂を上る方向です)し、 そのまま道なりに進むと福祉大学正門前に出ます。

仙台駅方面からおいでの方は、48号線を大学病院方向へ進み、大崎八幡神社を過ぎて、二つ目の信号(※道路に「国見方面」 と矢印が描かれています。「国見方面」へお進みください)を右折し、そのまま道なりに進むと、福祉大学正門に出ます。

駐車場
無料駐車場あり
正門に守衛がおりますので、駐車場の場所をお尋ねください。

東北福祉大学 芹沢銈介美術工芸館 展示品

芹沢銈介の染め物作品や芹沢銈介が収集した世界の工芸品を展示している。

展示画家(東北福祉大学 芹沢銈介美術工芸館)