泉屋博古館

泉屋博古館は、京都市左京区鹿ヶ谷にある、中国の古美術が中心の私立美術館である。東京都港区六本木に分館がある。財団法人泉屋博古館は、住友家の美術コレクションを保存展示するための機関として1960年に設立された。

収蔵品は、住友家当主15代目住友吉佐衞門(1864-1926)が収集した中国古代青銅器類と、その長男の住友寛一(1896-1956)が収集した中国明清代の絵画を中心とするコレクションや、16代目当主住友吉佐衞門(1909-1993)が蒐集した作品、また15代目以前から住友家に伝来したものもが中心である。

所蔵品は、中国の殷(商)、周時代を中心とした青銅器、日本・中国の銅鏡、仏像、明・清時代を中心とした中国書画などが名高い。2002年には、東京都港区六本木の泉ガーデン(泉ガーデンタワーなどからなる再開発地区)内に分館が開館した。

泉屋博古館
名称
泉屋博古館(せんおくはくこかん)
開館時間
10:00−17:00
休館日

月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)

TEL
075-771-6411
FAX
075-771-6099
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般  730円
高大生 520円
小中生 310円
※20名以上は団体割引20%

所在地
〒606-8431
京都府京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24

アクセス

最寄り駅・停留所
市バス「東天王町」より東へ200m角

JR新幹線近鉄線 京都駅より
地下鉄「丸太町」駅下車 市バス(93)(204)系統
市バス(5)(100)系統

阪急電車
阪急「河原町」駅より市バス(5)(203)(32)系統

京阪電車
京阪「三条」駅より 市バス(5)系統

地下鉄
地下鉄「丸太町」駅より 市バス(93)(204)系統

泉屋博古館 展示品

国宝

  • 絹本著色秋野牧牛図 - 中国南宋時代の絵画
  • 線刻釈迦三尊等鏡像 - 平安時代の銅鏡の鏡面に線刻で釈迦三尊ほかの諸仏を表したもの。

重要文化財

日本絵画

  • 紙本著色源信明像(佐竹本三十六歌仙切)
  • 紙本著色藤原兼輔像(上畳本三十六歌仙切)
  • 紙本著色是害坊絵巻
  • 紙本墨画布袋図 黙庵

中国・朝鮮絵画

  • 絹本著色廬山観瀑図 石濤
  • 紙本著色黄山図 石濤
  • 紙本著色黄山八勝図 石濤
  • 紙本墨画淡彩山水花鳥図 八大山人
  • 絹本著色楊柳観音像 徐九方筆 至治三年六月の年記がある(高麗時代、1323年)

彫刻

  • 木造阿弥陀如来坐像(平安時代)
  • 銅造弥勒仏立像 光背裏面に「大魏太和廿二年」の銘がある(北魏時代、498年)

工芸品

  • 葆光彩磁珍果文花瓶(板谷波山作)

考古資料

  • 久津川車塚古墳出土鏡 7面

その他の文化財

  • 編鐘 - 中国古代の青銅器
  • 夔神鼓 - 中国古代の青銅器
  • 虎卣 - 中国古代の青銅器
  • 鴟鴞尊 - 中国古代の青銅器

展示画家(泉屋博古館)