セレネ美術館

セレネ美術館は、国際的な会議が行われる宇奈月国際会館セレネ」内にある美術館。黒部峡谷の玄関口、宇奈月温泉にあり、黒部峡谷に関する作品が数多く展示されている。平成5年に開館。

落ち着いた雰囲気の館内では、人間の脳をリラックスさせ、アルファ波を最大限に引き出す効果のある音楽が流れ、絵画鑑賞の空間を演出。展望ロビーもあり、宇奈月の町並みを眺めることができる。

コレクションには、黒部の大自然を絵画芸術を通して伝えることに賛同した平山郁夫塩出英雄福井爽人田渕俊夫竹内浩一手塚雄二宮廻正明の7名の現代日本画家が描いた作品など、黒部峡谷を題材とした作品が多数ある。

常設展示並びに、年1~2回の企画展を開催し、現代日本画を紹介している。

名称
セレネ美術館(せれねびじゅつかん)
開館時間
9:00−17:30(入館は17:00まで)
休館日

4月−10月は無休11月−3月は月曜休館(月曜祝日の場合は翌日)なお、年末年始は開館

TEL
0765-62-2000
FAX
0765-62-2020
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 600円
高校・大学生 500円
中学生以下 無料
※障害者手帳等をお持ちの方は無料となります
※企画展開催時には料金が変更になる場合があります。

所在地
〒938-0282
富山県黒部市宇奈月温泉6-3

アクセス

JR富山駅もしくはJR魚津駅にて、富山地方鉄道に乗り換え、終点「宇奈月温泉駅」から徒歩5分
北陸自動車道「黒部IC」から車で25分
駐車場あり

セレネ美術館 展示品

平山郁夫・塩出英雄・福井爽人・田渕俊夫・竹内浩一・手塚雄二・宮廻正明など現代日本画家が描いた「黒部の自然」をテーマに展示している。

展示画家(セレネ美術館)