野村美術館

野村美術館は、京都府京都市にある美術館。財団法人野村文華財団が運営する。1984年に野村證券などを創設した二代目野村徳七(1878 - 1945)の収集品を主な展示品として開館した。

二代目徳七は実業家であるとともに「得庵」と号した茶人でもあり、茶を藪内節庵、能を観世左近に習っている。得庵が茶の湯と能に造詣が深かったことから、コレクションの内容もその2つのテーマが主体となっており、茶道具能面能装束など、約1500点を収蔵・展示している。

近隣には南禅寺永観堂が所在しており、北隣には得庵の別邸であった野村碧雲荘がある。

名称
野村美術館(のむらびじゅつかん)
開館時間
10:00−16:30 (入館は閉館の30分前まで)
休館日

月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)

開館期間
夏期(6月中旬 - 9月中旬)
冬期(12月中旬 - 3月中旬)

TEL
075-751-0374
FAX
075-751-0586
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 700円
大高生 300円
中小生 200円
団体(20人以上)・高齢者(70歳以上)500円

所在地
〒606-8434
京都府京都市左京区南禅寺下河原町61

アクセス

  • 「京都駅」・阪急「四条河原駅」・「三条京阪駅」前より 市バス(5)号系統「南禅寺・永観堂道」下車、徒歩5分
  • 地下鉄東西線「蹴上」下車、徒歩10分
  • 名神高速道路「京都東I.C」で降り、三条通りを蹴上まで西進、南禅寺へ

野村美術館 展示品

重要文化財

絵画

  • 紙本著色紀友則像(佐竹本三十六歌仙切) - 絵:伝・藤原信実、詞:伝後京極良経) - 旧秋田藩主であった佐竹家伝来の三十六歌仙絵巻(二巻本)の内、下巻に含まれていた紀友則像。絵巻は1919年に切断され37分割(下巻巻頭の住吉明神図含む)されて一歌仙ずつ掛軸に仕立て直されたが、その内の一点である。
  • 紙本淡彩風濤図 雪村筆

書跡典籍

  • 大燈国師(宗峰妙超)墨蹟 偈頌(げじゅ)
  • 清拙正澄墨蹟 偈頌 附:春屋宗園添状
  • 寸松庵色紙(すかはらのあそん)
  • 讃岐入道集 附:柳流水鴛鴦蒔絵箱 - 歌人藤原顕綱の家集。冊子本。巻頭などの一部は藤原定家の筆。

工芸品

  • 千鳥蒔絵面箱

その他の主な所蔵品

  • 紙本墨画山水図 珠光筆(重要美術品)
  • 絖本著色草廬三顧・蕭何追韓信図 与謝蕪村筆(重要美術品)
  • 水汀鴨図 呉春筆
  • 源氏物語 紅梅図 酒井抱一筆
  • 柿に鳥図 酒井抱一筆
  • 水墨寒山画賛 絵因陀羅筆 賛玉室宗珀筆
  • 水墨 杉林鳥図 秋月等観筆
  • 水墨 山水画賛 村田珠光筆(重要美術品)
  • 和漢朗詠集断簡(多賀切)伝(藤原基俊)筆(重要美術品)
  • 練上手志野橋絵茶碗 銘猛虎

展示画家(野村美術館)