松村外次郎記念 庄川美術館

松村外次郎記念 庄川美術館は、砺波市庄川町出身の彫刻家松村外次郎など郷土ゆかりの作家の作品を中心に展示している美術館。庄川合口ダム付近の水と緑に囲まれた庄川水記念公園内にある。平成元年に開館。

彫刻家松村外次郎の昭和初期の作品「パリジェンヌ」から晩年の大作「朱雀」まで、石彫、木彫、ブロンズ等の作品を常設展示。また、松村の友人、中村直人熊谷守一宮本三郎その他の作家をはじめ、地域縁の作家の作品も数多く収蔵している。

名称
松村外次郎記念 庄川美術館(まつむらそとじろうきねんしょうがわびじゅつかん)
開館時間
9:00~18:00(入館は17:00まで)
休館日

火曜日(祝日の場合その翌日)
年末年始
展示替え期間

TEL
0763-82-3373
FAX
0763-82-3373
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

企画展によって異なる

所在地
〒932-0305
富山県砺波市庄川町金屋1066

アクセス

JR北陸本線「高岡駅」から加越能バス砺波市庄川町行「庄川支所前」バス停下車、徒歩15分
北陸自動車道「砺波IC」から車で約15分
駐車場あり

松村外次郎記念 庄川美術館 展示品

松村外次郎の彫刻を中心に、郷土ゆかりの作家の作品を収蔵・展示している。

郷土ゆかりの作家
絵画 印牧邦一、齋藤清策、島田四郎、十二町仁三、田上桜舟、中村満、野村玉枝、林清納、藤森兼明
彫刻 青山三郎、齋藤尤鶴、嶋田秀男、大丸敏、辻志郎、辻和志、南部治夫、野村修三、長谷川総一郎、森田清一
工芸 織田定男、小西弘洋、齋藤肇、大丸香山、大丸晃世、冨樫瑞雲、林哲三、米道正幸

松村外次郎「パリジェンヌ」
松村外次郎「朱雀」
齋藤清策「山の譜」
藤森兼明「サンマルコ逍遥」
辻志郎「スペースタイム」
齋藤尤鶴「風のささやき」
林哲三「欅拭漆木象嵌短冊箱」

展示画家(松村外次郎記念 庄川美術館)