北村美術館

北村美術館は、京都市上京区にある、古美術茶道具を中心とした私立美術館である。

実業家で茶人でもあった北村謹次郎の収集品を保存するために1975年に財団法人北村文華財団が設立され、美術館は1977年開館した。所蔵品には国の重要文化財14件を含む。

北村家は、奈良県吉野地方で代々林業を営む旧家である。北村は、家業の林業を営むかたわら、夫婦で茶道と美術品収集に励んだ。茶人のコレクションという性格から、茶碗をはじめとする茶器の名品が多い。

また、傑出した茶人であった北村の眼で選ばれた絵画、古筆などにも名品が揃っている。これら掛軸類も茶席の床に掛けることを意識して選ばれた、広い意味の「茶道具」の範疇に入るものであろう。

隣接する北村邸の庭園は東山の緑を借景にしたもので、庭内には国の重要文化財指定の石灯篭2点、石塔1点がある。

名称
北村美術館(きたむらびじゅつかん)
開館時間
10:00−16:00
休館日

月曜日(祝日は開館)
休日の翌日

開館期間
3月中旬-6月上旬、9月中旬-12月上旬

TEL
075-256-0637
FAX
075-256-2478
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

一般:600円
学生:400円
(30名以上の団体 100円引)

所在地
〒602-0841
京都府京都市上京区河原町今出川下る一筋目東入梶井町448

アクセス

市バス 河原町今出川下車 徒歩約3分
京阪電車 出町柳下車 徒歩約5分

北村美術館 展示品

重要文化財

  • 紙本著色藤原仲文像(佐竹本三十六歌仙)
  • 紙本墨画淡彩鳶鴉図(とびからすず)2幅 与謝蕪村
  • 夕顔蒔絵硯箱
  • 牡丹唐草文螺鈿経箱 - 高麗時代
  • 金銅金錍(こんどうこんぺい) - 金錍は仏具の一種
  • 織部松皮菱形手鉢 - 益田孝(鈍翁)旧蔵
  • 色絵鱗波文茶碗 仁清
  • 藤原範宗筆懐紙
  • 後深草天皇宸翰消息(十月五日)
  • 丹波国牒(承平二年九月廿二日)
  • 和漢朗詠集 巻上断簡(鹿)(大字朗詠)

(以下3件の重要文化財は庭園内に所在)

  • 石燈籠 旧所在:報恩寺(京都市上京区小川通寺ノ内下ル射場町)
  • 石燈籠
  • 宝篋印塔 旧所在:妙真寺(京都市伏見区久我東町)

展示画家(北村美術館)