ベネッセアートサイト直島

ベネッセアートサイト直島(Benesse Art Site Naoshima)は、岡山市に本拠を置く教育関係企業ベネッセコーポレーションが、瀬戸内海に浮かぶ離島・直島(香川県直島町)で展開する、現代美術に関わるさまざまな活動の総称。

ベネッセハウス家プロジェクト(島内の海岸や集落を使ったアート作品のインスタレーション)、その他刊行物やシンポジウムなどを含んでいる。

ベネッセアートサイト直島

ベネッセコーポレーションが1980年代後半より美術館・ホテル・キャンプ場の複合体「直島文化村」で行ってきたアート活動が、直島島内の海岸や古民家や路地なども舞台となるようになり、もはや美術館内部に納まらない規模になってきた。

そのため、2004年7月より「直島文化村」ほか島内のアート活動の総称を「ベネッセアートサイト直島」に改称した。

以前からの企業コレクションであった美術品も多いが、ベネッセハウスの構造や瀬戸内の景観、集落の歴史などを踏まえて、直島だけのために構想し制作・設置され、直島以外では見られない場所限定的な(サイトスペシフィックな)インスタレーション作品が増えてきたのが特徴。

近年の作品新規購入(設置)の方法としては、「サイトスペシフィック・ワークス(特定の場所でつくられ成立する作品)」、つまり、アーティストを招き、直島や美術館を見て場所を選んでもらい、その場所のためにプランを立て、制作するという手法をとっている。

海外などから来た作家が安藤忠雄の美術館建築や直島という場所をどうとらえたかが作品の成立の鍵となっている。

癖の強いベネッセハウスの建築や、既にある島の風景や歴史に対し、対峙してそれでも負けない強さを持った作品がそろい、しかもそれを見ているうちに直島の風景や暮らしやベネッセハウスの建築などの隠れた魅力に気づくようになり、それらと自分自身の関係を考え始めるようなきっかけとなる優れた作品が多い。

また安藤忠雄設計のベネッセハウスへの宿泊、島内の集落でのアート作品鑑賞などのコースが、国内の旅行雑誌よりむしろ欧米の高級リゾートホテル誌に取り上げられることが多く、徐々に外国人観光客が増えている。

家プロジェクト

島内の集落・本村(ほんむら)の、今は使われていない古民家の修復・町並み保存と同時に、現代美術のインスタレーションを組み合わせて恒久展示場としたもの。中には新築の建物もある。

名前は屋号やかつてあった寺社に由来。4件でプロジェクトは完結していたが、2006年の「スタンダード展2」の際に家屋に展示された作品が3件恒久展示されることになり、2007年9月末から公開された。

  • 角屋(1998年。築200年の屋敷に宮島達男作品を展示、ヴェネツィア・ビエンナーレの作品の直島バージョン。建物修復監修は香川県高松市牟礼町牟礼のイサム・ノグチのアトリエの修復を手がけた建築家・山本忠司)
  • ベネッセアートサイト直島 家プロジェクト「南寺」南寺(1999年。明治時代まで寺のあった場所に周囲や歴史的文脈と調和した建物を新築し、内部にジェームズ・タレルのインスタレーションを展示。安藤忠雄設計)
  • きんざ(2001年。築200年の小さな民家に内藤礼作品を展示、ヴェネツィア・ビエンナーレの作品の直島バージョン。建物修復は内藤礼、木村優、永田直)
  • 石橋(2006年。製塩業を営んでいた石橋家に、千住博による「ザ・フォールズ」など19点を展示)
  • ベネッセアートサイト直島 家プロジェクト「護王神社」護王神社(2002年。写真を使った美術家、杉本博司の構想による作品。老朽化した江戸時代からの神社の本殿・拝殿を建て直し、地下に石室を作ってガラスの階段で本殿とつなぎ、光を採り入れるもの。設計は杉本博司、木村優、設楽敏生)
  • はいしゃ(2006年。歯医者だった建物の内外装に大竹伸朗が廃物を設置しペインティングを施した「舌上夢/ボッコン覗」)
  • 碁会所(2006年。碁会所のあった空き地に建物を新築し、須田悦弘による彫刻「椿」を展示)
ベネッセアートサイト直島
名称
ベネッセアートサイト直島(べねっせあーとさいとなおしま)
開館時間
10:00-16:30
休館日

家プロジェクト(「きんざ」を除く)
月曜日(月曜が祝日の場合は開館、翌日休館)

TEL
087-892-2030
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

家プロジェクト
共通チケット 1,000円(15歳以下 無料)
※「きんざ」を除く6作品の鑑賞可能。

ワンサイトチケット 400円(15歳以下 無料)
※「きんざ」を除く6作品のうち、1作品のみ鑑賞可能。
※なお、護王神社の本殿と拝殿、隨神門につきましては、いつでもどなたでも自由にご見学、ご参拝いただけます。

「きんざ」のご鑑賞方法
開館日:金曜日、土曜日、日曜日、祝日
開館時間:11:00-13:00、14:00-16:30
鑑賞方法:お一人様ごとに入館し、15分間までご鑑賞いただけます。
鑑賞料金:500円(他の家プロジェクトの鑑賞料金とは別です)

所在地
〒761-3110
香川県香川郡直島町琴弾地

アクセス

  • 高松駅から徒歩5分の高松港から船(四国汽船フェリー)で50分、宮浦港からバス20分
  • 宇野駅から徒歩5分の宇野港から船(四国汽船フェリー)で20分、宮浦港からバス20分

ベネッセアートサイト直島 展示品

  • 宮島達男 《時の海'98》
  • 宮島達男 《ナオシマ・カウンター・ウインドウ》
  • 宮島達男 《チェンジング・ランドスケープ》
  • ジェームズ・タレル 《バックサイド・オブ・ザ・ムーン》
  • 内藤礼 《このことを》
  • 杉本博司 《アプロプリエイト・プロポーション》
  • 千住博 《ザ・フォールズ》 など19点
  • 大竹伸朗 《舌上夢/ボッコン覗》
  • 須田悦弘 《椿》

展示画家(ベネッセアートサイト直島)